この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

OAuthS2SDiscoveryCredential クラス

 

OAuth S2S ID の探索ファイルの認証を表します。

名前空間:   Microsoft.Workflow.Client.Security
アセンブリ:  Microsoft.Workflow.Client (Microsoft.Workflow.Client.dll 内)

System.Object
  System.Net.NetworkCredential
    Microsoft.Workflow.Client.Security.OAuthS2SCredential
      Microsoft.Workflow.Client.Security.OAuthS2SDiscoveryCredential

public class OAuthS2SDiscoveryCredential : OAuthS2SCredential

名前説明
System_CAPS_pubmethodOAuthS2SDiscoveryCredential(String, Uri, X509Certificate2)

OAuthS2SDiscoveryCredential クラスの新しいインスタンスを初期化します

名前説明
System_CAPS_protpropertyContainsUserClaims

資格情報に委任されたユーザーの要求が含まれるかどうかを取得します。(OAuthS2SCredential から継承されました。)

System_CAPS_pubpropertyDomain

(NetworkCredential から継承されました。)

System_CAPS_pubpropertySystem_CAPS_staticMetadataCacheDuration

メタデータ キャッシュの実行時間を取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertyOnBehalfOf

委任されたユーザーの ID の値を取得または設定します。(OAuthS2SCredential から継承されました。)

System_CAPS_pubpropertyPassword

(NetworkCredential から継承されました。)

System_CAPS_pubpropertySecurePassword

(NetworkCredential から継承されました。)

System_CAPS_pubpropertyUserClaims

委任されたユーザーの要求の一覧を取得します。(OAuthS2SCredential から継承されました。)

System_CAPS_pubpropertyUserName

(NetworkCredential から継承されました。)

名前説明
System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

(Object から継承されました。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodGetAuthorization(OAuthS2SAuthenticationChallenge[], HttpWebRequest)

認証要求を取得します。(OAuthS2SCredential.GetAuthorization(OAuthS2SAuthenticationChallenge[], HttpWebRequest) をオーバーライドする。)

System_CAPS_pubmethodGetCredential(String, Int32, String)

(NetworkCredential から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodGetCredential(Uri, String)

(NetworkCredential から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodSelectChallenge(IList<OAuthS2SAuthenticationChallenge>)

使用する認証チャレンジを選択します。(OAuthS2SCredential から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodToString()

(Object から継承されました。)

すべてのパブリック構造体 (Shared Visual Basic では) メンバーは、スレッド セーフです。 Aインスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: