この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

ExternalVariableSchemaContext.GetXamlType メソッド

 

名前空間:   Microsoft.Workflow.Client
アセンブリ:  Microsoft.Workflow.Client (Microsoft.Workflow.Client.dll 内)

名前説明
System_CAPS_protmethodGetXamlType(String, String, XamlType[])

XAML 名前空間および種類の名前の文字列に基づいて XAML の種類を取得します。(XamlSchemaContext.GetXamlType(String, String, XamlType[]) をオーバーライドする。)

System_CAPS_pubmethodGetXamlType(Type)

(XamlSchemaContext から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodGetXamlType(XamlTypeName)

(XamlSchemaContext から継承されました。)

トップに戻る

ExternalVariableSchemaContext.GetXamlType メソッド (String, String, XamlType[])

XAML 名前空間および種類の名前の文字列に基づいて XAML の種類を取得します。

protected override XamlType GetXamlType(
	string xamlNamespace,
	string name,
	params XamlType[] typeArguments
)

パラメーター

xamlNamespace
Type: System.String

目的の種類を含む XAML 名前空間。

name
Type: System.String

目的の型の名前。

typeArguments
Type: System.Xaml.XamlType[]

ジェネリック型の初期化型の引数。

戻り値

Type: System.Xaml.XamlType

入力条件に一致する XAML の種類。

トップに戻る
表示: