この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

ActivityManager.Validate メソッド

 

指定されたワークフロー アクティビティを検証します。

名前空間:   Microsoft.Workflow.Client
アセンブリ:  Microsoft.Workflow.Client (Microsoft.Workflow.Client.dll 内)

名前説明
System_CAPS_pubmethodValidate(ActivityDescription)

ワークフロー アクティビティを検証します。

System_CAPS_pubmethodValidate(ActivityDescription, Boolean)

ワークフロー アクティビティを検証し、オプションで Xaml の X:classname 属性の値としてアクティビティの名前を使用します。

System_CAPS_pubmethodValidate(IEnumerable<ActivityDescription>)

ワークフロー アクティビティのコレクションを検証します。

検証に失敗すると ActivityValidationException がスローされます。

トップに戻る

ActivityManager.Validate メソッド (ActivityDescription)

ワークフロー アクティビティを検証します。

public void Validate(
	ActivityDescription description
)

パラメーター

description
Type: Microsoft.Workflow.Client.ActivityDescription

検証対象のワークフロー アクティビティの説明。

検証に失敗すると ActivityValidationException がスローされます。

トップに戻る

ActivityManager.Validate メソッド (ActivityDescription, Boolean)

ワークフロー アクティビティを検証し、オプションで Xaml の X:classname 属性の値としてアクティビティの名前を使用します。

public void Validate(
	ActivityDescription description,
	bool overwriteXClassName
)

パラメーター

description
Type: Microsoft.Workflow.Client.ActivityDescription

検証対象のワークフロー アクティビティの説明。

overwriteXClassName
Type: System.Boolean

Xaml の X:classname 属性を ActivityDescription で指定された Name プロパティで上書きする場合は true。 それ以外の場合は false。

検証に失敗すると ActivityValidationException がスローされます。

トップに戻る

ActivityManager.Validate メソッド (IEnumerable<ActivityDescription>)

ワークフロー アクティビティのコレクションを検証します。

public void Validate(
	IEnumerable<ActivityDescription> descriptions
)

パラメーター

descriptions
Type: System.Collections.Generic.IEnumerable<ActivityDescription>

検証対象のワークフロー アクティビティの説明のコレクション。

検証に失敗すると ActivityValidationException がスローされます。

トップに戻る
表示: