この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

ActivityManager.Get メソッド

 

現在のスコープで指定されたワークフロー アクティビティを取得します。

名前空間:   Microsoft.Workflow.Client
アセンブリ:  Microsoft.Workflow.Client (Microsoft.Workflow.Client.dll 内)

名前説明
System_CAPS_pubmethodGet()

現在のスコープのすべてのワークフロー アクティビティを取得します。

System_CAPS_pubmethodGet(Int32, Int32)

ページングによって、現在のスコープのワークフロー アクティビティを取得します。

System_CAPS_pubmethodGet(Int32, Int32, Boolean)

オプションで Xaml 定義を含めて、ワークフロー アクティビティを取得します。

System_CAPS_pubmethodGet(Int32, Int32, Boolean, IDictionary<String, String>)

オプションで Xaml 定義を含めて、指定されたメタデータ フィルターに一致するワークフロー アクティビティを取得します。

System_CAPS_pubmethodGet(String)

指定されたワークフロー アクティビティを取得します

トップに戻る

ActivityManager.Get メソッド ()

現在のスコープのすべてのワークフロー アクティビティを取得します。

public Collection<ActivityDescription> Get()

戻り値

Type: System.Collections.ObjectModel.Collection<ActivityDescription>

取得されたワークフロー アクティビティの ActivityDescriptions のコレクション。

トップに戻る

ActivityManager.Get メソッド (Int32, Int32)

ページングによって、現在のスコープのワークフロー アクティビティを取得します。

public Collection<ActivityDescription> Get(
	int skip,
	int count
)

パラメーター

skip
Type: System.Int32

スキップするアクティビティの数。

count
Type: System.Int32

取得するアクティビティの数。

戻り値

Type: System.Collections.ObjectModel.Collection<ActivityDescription>

取得されたワークフロー アクティビティの ActivityDescriptions のコレクション。

返されるコレクションには、取得されたワークフロー アクティビティの Xaml 定義は含まれません。 Xaml 定義を含めるには、includeXaml パラメーターを使用するオーバーロードを使用します。

トップに戻る

ActivityManager.Get メソッド (Int32, Int32, Boolean)

オプションで Xaml 定義を含めて、ワークフロー アクティビティを取得します。

public Collection<ActivityDescription> Get(
	int skip,
	int count,
	bool includeXaml
)

パラメーター

skip
Type: System.Int32

スキップするアクティビティの数。

count
Type: System.Int32

取得するアクティビティの数。

includeXaml
Type: System.Boolean

ワークフロー アクティビティの Xaml 定義を取得する場合は true。 それ以外の場合は false。

戻り値

Type: System.Collections.ObjectModel.Collection<ActivityDescription>

取得されたワークフロー アクティビティの ActivityDescriptions のコレクション。

トップに戻る

ActivityManager.Get メソッド (Int32, Int32, Boolean, IDictionary<String, String>)

オプションで Xaml 定義を含めて、指定されたメタデータ フィルターに一致するワークフロー アクティビティを取得します。

public Collection<ActivityDescription> Get(
	int skip,
	int count,
	bool includeXaml,
	IDictionary<string, string> metadataFilter
)

パラメーター

skip
Type: System.Int32

スキップするアクティビティの数。

count
Type: System.Int32

取得するアクティビティの数。

includeXaml
Type: System.Boolean

ワークフロー アクティビティの Xaml 定義を取得する場合は true。 それ以外の場合は false。

metadataFilter
Type: System.Collections.Generic.IDictionary<String, String>

取得するアクティビティのメタデータ フィルター。

戻り値

Type: System.Collections.ObjectModel.Collection<ActivityDescription>

取得されたワークフロー アクティビティの ActivityDescriptions のコレクション。

トップに戻る

ActivityManager.Get メソッド (String)

指定されたワークフロー アクティビティを取得します

public ActivityDescription Get(
	string activityName
)

パラメーター

activityName
Type: System.String

取得するアクティビティの名前。

戻り値

Type: Microsoft.Workflow.Client.ActivityDescription

取得されたアクティビティの ActivityDescription。

トップに戻る
表示: