CloudTableClient クラス
この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

CloudTableClient クラス

 

Windows Azure テーブル サービスのクライアント側の論理表現を提供します。 このクライアントは、テーブル サービスに対する要求を構成および実行を使用します。

名前空間:   Microsoft.WindowsAzure.Storage.Table
アセンブリ:  Microsoft.WindowsAzure.Storage (Microsoft.WindowsAzure.Storage.dll 内)

System.Object
  Microsoft.WindowsAzure.Storage.Table.CloudTableClient

public class CloudTableClient

名前説明
System_CAPS_pubmethodCloudTableClient(StorageUri, StorageCredentials)

新しいインスタンスを初期化、 CloudTableClient クラスの指定されたテーブル サービス エンドポイントとアカウントの資格情報を使用します。

System_CAPS_pubmethodCloudTableClient(Uri, StorageCredentials)

新しいインスタンスを初期化、 CloudTableClient クラスの指定されたテーブル サービス エンドポイントとアカウントの資格情報を使用します。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyAuthenticationScheme

取得または HTTP 要求の署名に使用する認証スキームを設定します。

System_CAPS_pubpropertyBaseUri

プライマリの場所の Table サービス クライアントのベース URI を取得します。

System_CAPS_pubpropertyBufferManager

取得または設定を実装するバッファー マネージャー、 IBufferManager インターフェイス、Table サービス クライアントに対する操作で使用されるバッファー プールを指定します。

System_CAPS_pubpropertyCredentials

Table サービス クライアントを作成するために使用するアカウントの資格情報を取得します。

System_CAPS_pubpropertyDefaultRequestOptions

取得または Table サービス クライアントを介して行われる要求の要求オプションを既定値に設定します。

System_CAPS_pubpropertyStorageUri

プライマリとセカンダリの両方の場所の Table サービスのエンドポイントを取得します。

名前説明
System_CAPS_pubmethodBeginGetServiceProperties(AsyncCallback, Object)

テーブル サービスのサービス プロパティを取得する非同期操作を開始します。

System_CAPS_pubmethodBeginGetServiceProperties(TableRequestOptions, OperationContext, AsyncCallback, Object)

テーブル サービスのサービス プロパティを取得する非同期操作を開始します。

System_CAPS_pubmethodBeginGetServiceStats(AsyncCallback, Object)

セカンダリ テーブル サービス エンドポイントのサービスの統計情報を取得する非同期操作を開始します。

System_CAPS_pubmethodBeginGetServiceStats(TableRequestOptions, OperationContext, AsyncCallback, Object)

セカンダリ テーブル サービス エンドポイントのサービスの統計情報を取得する非同期操作を開始します。

System_CAPS_pubmethodBeginListTablesSegmented(String, Nullable<Int32>, TableContinuationToken, TableRequestOptions, OperationContext, AsyncCallback, Object)

指定したプレフィックスで始まるテーブルの結果セグメントを返す非同期操作を開始します。

System_CAPS_pubmethodBeginListTablesSegmented(String, TableContinuationToken, AsyncCallback, Object)

指定したプレフィックスで始まるテーブルの結果セグメントを返す非同期操作を開始します。

System_CAPS_pubmethodBeginListTablesSegmented(TableContinuationToken, AsyncCallback, Object)

テーブルの結果セグメントを返す非同期操作を開始します。

System_CAPS_pubmethodBeginSetServiceProperties(ServiceProperties, AsyncCallback, Object)

テーブル サービスのサービスのプロパティを設定する非同期操作を開始します。

System_CAPS_pubmethodBeginSetServiceProperties(ServiceProperties, TableRequestOptions, OperationContext, AsyncCallback, Object)

テーブル サービスのサービスのプロパティを設定する非同期操作を開始します。

System_CAPS_pubmethodEndGetServiceProperties(IAsyncResult)

テーブル サービスのサービス プロパティを取得する非同期操作を終了します。

System_CAPS_pubmethodEndGetServiceStats(IAsyncResult)

セカンダリ テーブル サービス エンドポイントのサービスの統計情報を取得する非同期操作を終了します。

System_CAPS_pubmethodEndListTablesSegmented(IAsyncResult)

テーブルの結果セグメントを返す非同期操作を終了します。

System_CAPS_pubmethodEndSetServiceProperties(IAsyncResult)

テーブル サービスのサービスのプロパティを設定する非同期操作を終了します。

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

(Object から継承されました。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodGetServiceProperties(TableRequestOptions, OperationContext)

テーブル サービスのサービスのプロパティを取得します。

System_CAPS_pubmethodGetServicePropertiesAsync()

テーブル サービスのサービス プロパティを取得する非同期操作を開始します。

System_CAPS_pubmethodGetServicePropertiesAsync(CancellationToken)

テーブル サービスのサービス プロパティを取得する非同期操作を開始します。

System_CAPS_pubmethodGetServicePropertiesAsync(TableRequestOptions, OperationContext)

テーブル サービスのサービス プロパティを取得する非同期操作を開始します。

System_CAPS_pubmethodGetServicePropertiesAsync(TableRequestOptions, OperationContext, CancellationToken)

テーブル サービスのサービス プロパティを取得する非同期操作を開始します。

System_CAPS_pubmethodGetServiceStats(TableRequestOptions, OperationContext)

セカンダリ テーブル サービス エンドポイントのサービスの統計情報を取得します。

System_CAPS_pubmethodGetServiceStatsAsync()

セカンダリ テーブル サービス エンドポイントのサービスの統計情報を取得する非同期操作を開始します。

System_CAPS_pubmethodGetServiceStatsAsync(CancellationToken)

セカンダリ テーブル サービス エンドポイントのサービスの統計情報を取得する非同期操作を開始します。

System_CAPS_pubmethodGetServiceStatsAsync(TableRequestOptions, OperationContext)

セカンダリ テーブル サービス エンドポイントのサービスの統計情報を取得する非同期操作を開始します。

System_CAPS_pubmethodGetServiceStatsAsync(TableRequestOptions, OperationContext, CancellationToken)

セカンダリ テーブル サービス エンドポイントのサービスの統計情報を取得する非同期操作を開始します。

System_CAPS_pubmethodGetTableReference(String)

指定されたテーブルへの参照を取得します。

System_CAPS_pubmethodGetTableServiceContext()

廃止されています。 新しい TableServiceContext テーブル サービスに対する操作を実行するオブジェクト。

System_CAPS_pubmethodGetType()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodListTables(String, TableRequestOptions, OperationContext)

テーブルの取得後、指定したプレフィックスで始まるの列挙可能なコレクションを返します。

System_CAPS_pubmethodListTablesSegmented(String, Nullable<Int32>, TableContinuationToken, TableRequestOptions, OperationContext)

テーブルの取得後、指定したプレフィックスで始まる結果セグメントを返します。

System_CAPS_pubmethodListTablesSegmented(String, TableContinuationToken)

テーブルの取得後、指定したプレフィックスで始まる結果セグメントを返します。

System_CAPS_pubmethodListTablesSegmented(TableContinuationToken)

テーブルの結果セグメントを返します。

System_CAPS_pubmethodListTablesSegmentedAsync(String, Nullable<Int32>, TableContinuationToken, TableRequestOptions, OperationContext)

指定したプレフィックスで始まるテーブルの結果セグメントを返す非同期操作を開始します。

System_CAPS_pubmethodListTablesSegmentedAsync(String, Nullable<Int32>, TableContinuationToken, TableRequestOptions, OperationContext, CancellationToken)

指定したプレフィックスで始まるテーブルの結果セグメントを返す非同期操作を開始します。

System_CAPS_pubmethodListTablesSegmentedAsync(String, TableContinuationToken)

指定したプレフィックスで始まるテーブルの結果セグメントを返す非同期操作を開始します。

System_CAPS_pubmethodListTablesSegmentedAsync(String, TableContinuationToken, CancellationToken)

指定したプレフィックスで始まるテーブルの結果セグメントを返す非同期操作を開始します。

System_CAPS_pubmethodListTablesSegmentedAsync(TableContinuationToken)

テーブルの結果セグメントを返す非同期操作を開始します。

System_CAPS_pubmethodListTablesSegmentedAsync(TableContinuationToken, CancellationToken)

テーブルの結果セグメントを返す非同期操作を開始します。

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodSetServiceProperties(ServiceProperties, TableRequestOptions, OperationContext)

テーブル サービスのサービスのプロパティを設定します。

System_CAPS_pubmethodSetServicePropertiesAsync(ServiceProperties)

テーブル サービスのサービスのプロパティを設定する非同期操作を開始します。

System_CAPS_pubmethodSetServicePropertiesAsync(ServiceProperties, CancellationToken)

テーブル サービスのサービスのプロパティを設定する非同期操作を開始します。

System_CAPS_pubmethodSetServicePropertiesAsync(ServiceProperties, TableRequestOptions, OperationContext)

テーブル サービスのサービスのプロパティを設定する非同期操作を開始します。

System_CAPS_pubmethodSetServicePropertiesAsync(ServiceProperties, TableRequestOptions, OperationContext, CancellationToken)

テーブル サービスのサービスのプロパティを設定する非同期操作を開始します。

System_CAPS_pubmethodToString()

(Object から継承されました。)

Windows Azure テーブル サービスのクライアント側の論理表現を提供します。 このクライアントは、テーブル サービスに対する要求を構成および実行を使用します。

サービス クライアントは、エンドポイントまたはテーブル サービスのエンドポイントをカプセル化します。 認証済みアクセス サービス クライアントを使用する場合、ストレージ アカウントにアクセスするための資格情報もカプセル化します。

CloudTableClient オブジェクトは、テーブル サービスのベース URI をカプセル化します。 認証済みアクセス サービス クライアントを使用する場合、ストレージ アカウントにアクセスするための資格情報もカプセル化します。

すべてのパブリック構造体 (Shared Visual Basic では) メンバーは、スレッド セーフです。 Aインスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示:
© 2016 Microsoft