GetLocalResource メソッド (String)
目次を折りたたむ
目次を展開する
この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

RoleEnvironment::GetLocalResource メソッド (String^)

 

指定したローカル ストレージ リソースを取得します。

名前空間:   Microsoft.WindowsAzure.ServiceRuntime
アセンブリ:  Microsoft.WindowsAzure.ServiceRuntime (Microsoft.WindowsAzure.ServiceRuntime.dll 内)

public:
[SecurityPermissionAttribute(SecurityAction::Assert, UnmanagedCode = true)]
static LocalResource^ GetLocalResource(
	String^ localResourceName
)

パラメーター

localResourceName
Type: System::String^

型: System.String

ServiceDefiniton.csdef ファイルで定義されたローカル ストレージ リソースの名前です。

戻り値

Type: Microsoft.WindowsAzure.ServiceRuntime::LocalResource^

型: Microsoft.WindowsAzure.ServiceRuntime.LocalResource

インスタンス LocalResource をローカル ストレージ リソースを表します。

Exception Condition
RoleEnvironmentException

ローカル ストレージ リソースが存在しません。

次のコード例は、このメソッドを使用してローカル ストレージ リソースを取得し、リソースにテキスト ファイルを書き込む方法を示しています。

try { // Retrieve an object that points to the local storage resource. LocalResource localResource = RoleEnvironment.GetLocalResource("localStoreTwo"); // Define the file name and path. string[] paths = { localResource.RootPath, "MyStorageTest.txt" }; String filePath = Path.Combine(paths); using (FileStream writeStream = File.Create(filePath)) { Byte[] textToWrite = new UTF8Encoding(true).GetBytes("Testing Web role storage"); writeStream.Write(textToWrite, 0, textToWrite.Length); } } catch (RoleEnvironmentException e) { Console.WriteLine("The local resource isn't defined or doesn't exist. \n" + e.ToString()); }

トップに戻る
表示:
© 2016 Microsoft