エクスポート (0) 印刷
すべて展開

OnDemandTransferOptions クラス

更新日: 2011年10月

オンデマンド転送のオプションを指定します。

名前空間: Microsoft.WindowsAzure.Diagnostics.Management
アセンブリ: Microsoft.WindowsAzure.Diagnostics (Microsoft.WindowsAzure.Diagnostics.dll)

public class OnDemandTransferOptions

ロール インスタンスから診断データを転送するためのオプションは、OnDemandTransferOptions クラスを使用して指定します。たとえば、結果を返す期間を指定できるほか、永続的ストレージの通知キューの名前やログ レベルを指定することができます。

Example

次のコード スニペットでは、完全な OnDemandTransferOptions オブジェクトを作成して、オンデマンド転送を開始しています。

// Specify the on-demand transfer options for the diagnostic data.
OnDemandTransferOptions transferOptions = new OnDemandTransferOptions();

// Get data starting from an hour ago until now.
transferOptions.From = DateTime.UtcNow.AddHours(1.0);
transferOptions.To = DateTime.UtcNow;

// Specify only error-level logs.
transferOptions.LogLevelFilter = LogLevel.Error;

// Provide a name for the queue where completion messages will be stored.
transferOptions.NotificationQueueName = "wad-on-demand-transfers";

// Start a transfer of Windows event logs.
roleInstanceDiagnosticManager.BeginOnDemandTransfer(DataBufferName.PerformanceCounters, transferOptions);

Warning警告
Azure SDK Version 2.5 以上では、この API がサポートされません。代わりに、XML 構成ファイル diagnostics.wadcfg を使用してください。詳細については、「Collect Logging Data by Using Azure Diagnostics」を参照してください。


System.Object
  Microsoft.WindowsAzure.Diagnostics.Management.OnDemandTransferOptions

この型の public static (Visual Basic では Shared) メンバーはすべてスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

開発プラットフォーム

Windows Vista、Windows 7 および Windows Server 2008

ターゲット プラットフォーム

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft