DirectoryConfiguration クラス
この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

DirectoryConfiguration クラス

 

更新日: 2013年4月

ファイル ベースのログの書き込み先ディレクトリの構成を表します。

名前空間:   Microsoft.WindowsAzure.Diagnostics
アセンブリ:  Microsoft.WindowsAzure.Diagnostics (Microsoft.WindowsAzure.Diagnostics.dll 内)

System.Object
  Microsoft.WindowsAzure.Diagnostics.DirectoryConfiguration

public class DirectoryConfiguration

名前説明
System_CAPS_pubpropertyContainer

ストレージ アカウントで定義された、ファイルベースのログの内容が転送されるコンテナーの名前を取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertyDirectoryQuotaInMB

取得または設定によって定義されているディレクトリの最大サイズ、 Path には、ファイル ベースのログが書き込まれるプロパティ。

System_CAPS_pubpropertyPath

ファイルベースのログの書き込み先となるローカル ディレクトリの絶対パスを取得または設定します。

名前説明
System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

(Object から継承されました。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodToString()

(Object から継承されました。)

DirectoryConfiguration クラスには、ログおよび診断データを格納するディレクトリを設定するプロパティが用意されています。 既定では、IIS ログ (Web ロールのみ)、失敗した要求ログ、およびクラッシュ ダンプのディレクトリが自動的に構成されます。 別途カスタム ログを構成することもできます。

DirectoryConfiguration によって、ロール インスタンスのオブジェクトが使用される DiagnosticMonitorConfigurationです。 具体的には、追加する、 DirectoryConfigurationDataSources のコレクション、 DiagnosticMonitorConfiguration クラスです。

Example

次のコード スニペットを使用する方法を示しています DirectoryConfiguration ロールの診断の構成を更新リモートでのコンテキストでします。 このスニペットは、特定のロールの各インスタンスの診断構成を取得、新たに作成 DirectoryConfiguration オブジェクトのクラッシュ ダンプ、コンテナー名を指定し、新しい構成を設定します。

// Get the connection string. It's recommended that you store the connection string in your web.config or app.config file. // Use the ConfigurationManager type to retrieve your storage connection string.  You can find the account name and key in // the Azure Management Portal (http://manage.windowsazure.com). //string connectionString = "DefaultEndpointsProtocol=https;AccountName=<AccountName>;AccountKey=<AccountKey>"; string connectionString = System.Configuration.ConfigurationManager.ConnectionStrings["StorageConnectionString"].ConnectionString; // The deployment ID and role name for your application can be obtained from the // Azure Management Portal (http://manage.windowsazure.com). See your // application dashboard under Cloud Services. string deploymentID = "e2ab8b6667644666ba627bdf6f5e4daa"; string roleName = "WebRole1"; // Get the DeploymentDiagnosticManager object for your deployment. DeploymentDiagnosticManager diagManager = new DeploymentDiagnosticManager(connectionString, deploymentID); // Get the RoleInstanceDiagnosticManager objects for each instance of your role. IEnumerable<RoleInstanceDiagnosticManager> instanceManagers = diagManager.GetRoleInstanceDiagnosticManagersForRole(roleName); // Iterate through the role instances and update the configuration. foreach (RoleInstanceDiagnosticManager roleInstance in instanceManagers) { DiagnosticMonitorConfiguration diagnosticConfiguration = roleInstance.GetCurrentConfiguration(); // Create a new DirectoryConfiguration object. DirectoryConfiguration directoryConfiguration = new DirectoryConfiguration(); // Add the name for the blob container in Azure storage. directoryConfiguration.Container = "wad-crash-dumps"; // Add the directory size quota for the blob container. directoryConfiguration.DirectoryQuotaInMB = 2048; // Add the directoryConfiguration to the Directories collection. diagnosticConfiguration.Directories.DataSources.Add(directoryConfiguration); // Schedule a transfer period of 30 minutes. diagnosticConfiguration.Directories.ScheduledTransferPeriod = TimeSpan.FromMinutes(30.0); // Set the configuration. roleInstance.SetCurrentConfiguration(diagnosticConfiguration); }
System_CAPS_warning警告

は、この API はサポートされていない Azure SDK バージョン 2.5 以降。 代わりに、XML 構成ファイル diagnostics.wadcfg を使用してください。 詳細については、次を参照してください。 Azure 診断を使用してログ データの収集です。

すべてのパブリック構造体 (Shared Visual Basic では) メンバーは、スレッド セーフです。 Aインスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示:
© 2016 Microsoft