エクスポート (0) 印刷
すべて展開

DiagnosticMonitor クラス

Windows Azure でのロール インスタンスの診断モニターを表します。

名前空間: Microsoft.WindowsAzure.Diagnostics
アセンブリ: Microsoft.WindowsAzure.Diagnostics (Microsoft.WindowsAzure.Diagnostics 内)

'使用
Dim instance As DiagnosticMonitor

public class DiagnosticMonitor
public class DiagnosticMonitor
public class DiagnosticMonitor

DiagnosticMonitor クラスは、Windows Azure でのロール インスタンスの診断データの収集を可能にするメソッドとプロパティを提供します。DiagnosticMonitor はシングルトンであるため、各ロール インスタンスには初期化された DiagnosticMonitor が 1 つだけ存在します。

DiagnosticMonitor の既定の構成は、Windows Azure ログと、Web ロールとワーカー ロール用の Windows Azure 診断インストラクチャ ログを収集します。 既定の構成では、IIS ログも収集します (Web ロールの場合のみ)。 これらの設定は、GetDefaultInitialConfiguration メソッドによって返される DiagnosticMonitorConfiguration オブジェクトに含まれます。 DiagnosticMonitorConfiguration オブジェクトを作成し、オブジェクトのプロパティを設定した後、Start メソッドに引数として渡すことで必要な診断データを指定することによって、追加のログ オプションを構成できます。

DiagnosticMonitor 接続文字列を含めるか、Start メソッドの呼び出し時に CloudStorageAccount オブジェクトを入力パラメーターとして指定することで Windows Azure ストレージ アカウントを指定できます。

noteメモ
構成が間違っている接続文字列または CloudStorageAccount を使用して Start メソッドを呼び出した場合、ロール インスタンスは開始されますが DiagnosticMonitor は開始されません。

DiagnosticMonitor を使用するには、次の手順に従う必要があります。

  1. 次の行を含むように ServiceDefinition.csdef ファイルを変更することによって、Diagnostics モジュールをアプリケーションにインポートします。

    <Imports>
        <Import moduleName=”Diagnostics” />
    </Imports>
    
  2. 診断データの転送先となるストレージの場所を指定します (Windows Azure ストレージ アカウントまたはローカル ストレージ エミュレーターのいずれか)。 たとえば、診断データをストレージ エミュレーターに格納する場合は、次の行が含まれるように ServiceConfiguration.cscfg ファイルを変更します。

    <ConfigurationSettings>
         <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Diagnostics.ConnectionString" value="UseDevelopmentStorage=true" />
    </ConfigurationSettings>
    
    
  3. プロジェクトに Microsoft.WindowsAzure.Diagnostics.dll への参照が含まれていることを確認してください。オプションで、DiagnosticMonitor を使用する各コード ファイルに using Microsoft.WindowsAzure.Diagnostics; ディレクティブを含めることができます。

プロジェクトでの詳細の構成については、「How to Initialize the Windows Azure Diagnostic Monitor」を参照してください。

DiagnosticMonitor が構成されていれば、既定のログの収集を開始するのに Start メソッドを呼び出す必要はありません。 診断モジュールをインポートし、データ ストレージの場所を指定し、.dll を参照しているロールは、ロールの初期化時に既定の構成を使用して自動的に DiagnosticMonitor を開始します。

ただし、カスタム ログ構成を指定する場合は、Start メソッドを呼び出し、ストレージ アカウントとカスタム DiagnosticMonitorConfiguration オブジェクトをパラメーターとしてメソッドに供給する必要があります。 この呼び出しを次の例に示します。次の例では、dmConfig はカスタム DiagnosticMonitorConfiguration オブジェクトです。

DiagnosticMonitor.Start(“Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Diagnostics.ConnectionString”, dmConfig)

System.Object
  Microsoft.WindowsAzure.Diagnostics.DiagnosticMonitor

この型の public static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

開発プラットフォーム

Windows XP Home Edition, Windows XP Professional, Windows Server 2003、Windows Server 2008、および Windows 2000

対象プラットフォーム

コミュニティの追加

表示:
© 2015 Microsoft