この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

SafeMemoryMappedViewHandle クラス

 

公開日: 2016年11月

ランダム アクセスのアンマネージ メモリ ブロックのビューを表すセーフ ハンドルを提供します。

名前空間:   Microsoft.Win32.SafeHandles
アセンブリ:  System.Core (System.Core.dll 内)


[SecurityCriticalAttribute(SecurityCriticalScope.Everything)]
public sealed class SafeMemoryMappedViewHandle : SafeBuffer

名前説明
System_CAPS_pubpropertyByteLength

バッファーのサイズをバイト単位で取得します。(SafeBuffer から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyIsClosed

ハンドルが閉じているかどうかを示す値を取得します。(SafeHandle から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyIsInvalid

ハンドルが無効かどうかを示す値を取得します。(SafeHandleZeroOrMinusOneIsInvalid から継承されます。)

名前説明
System_CAPS_pubmethodAcquirePointer(Byte*)

ポインターから取得、 SafeBuffer メモリ ブロックのオブジェクト。(SafeBuffer から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodClose()

リソースを解放するためのハンドルをマークします。(SafeHandle から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodDangerousAddRef(Boolean)

SafeHandle インスタンスの参照カウンターを手動でインクリメントします。(SafeHandle から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodDangerousGetHandle()

handle フィールドの値を戻します。(SafeHandle から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodDangerousRelease()

SafeHandle インスタンスの参照カウンターを手動でデクリメントします。(SafeHandle から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodDispose()

SafeHandle クラスによって使用されているすべてのリソースを解放します。(SafeHandle から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodInitialize(UInt32, UInt32)

指定した数の要素および要素のサイズを使用して、メモリ バッファーの割り当てサイズを指定します。 使用する前に、このメソッドを呼び出す必要があります、 SafeBuffer インスタンス。(SafeBuffer から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodInitialize(UInt64)

メモリ領域の割り当てサイズをバイト単位で定義します。 使用する前に、このメソッドを呼び出す必要があります、 SafeBuffer インスタンス。(SafeBuffer から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodInitialize<T>(UInt32)

値型の数を指定することによってメモリ領域の割り当てサイズを定義します。 使用する前に、このメソッドを呼び出す必要があります、 SafeBuffer インスタンス。(SafeBuffer から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodRead<T>(UInt64)

指定したオフセットでのメモリの値の型を読み取ります。(SafeBuffer から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodReadArray<T>(UInt64, T[], Int32, Int32)

値型の指定した数をオフセットから始まるメモリから読み取って、インデックスから始まる配列に書き込みます。(SafeBuffer から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodReleasePointer()

によって取得されたポインターも解放、 AcquirePointer メソッドです。(SafeBuffer から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSetHandleAsInvalid()

今後は使用しないものとしてハンドルをマークします。(SafeHandle から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodWrite<T>(UInt64, T)

値の型を指定された場所にメモリに書き込みます。(SafeBuffer から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodWriteArray<T>(UInt64, T[], Int32, Int32)

入力配列の指定された場所から始まるバイトを読み取ることによって、メモリ位置に値型の指定した数を書き込みます。(SafeBuffer から継承されます。)

使用して、MemoryMappedViewAccessor.SafeMemoryMappedViewHandleセーフ ハンドルを取得するプロパティです。

System_CAPS_important重要

この型は、IDisposableインターフェイスです。 型を使用してが完了したら、直接的または間接的にという破棄する必要があります。 型の直接 dispose を呼び出す、Disposeメソッドで、 try/catchブロックします。 直接ことのない破棄する場合など、言語コンストラクトを使用してusing(C# の場合) またはUsing(Visual Basic で)。 詳細についてを参照してください"を使用して、オブジェクトを実装する IDisposable"、IDisposableインターフェイスに関するトピック。

.NET Framework
4.0 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: