DataRepeater.ItemTemplate プロパティ

更新 : 2007 年 11 月

DataRepeater コントロールの DataRepeaterItem を表すテンプレートを取得します。

名前空間 :  Microsoft.VisualBasic.PowerPacks
アセンブリ :  Microsoft.VisualBasic.PowerPacks.Vs (Microsoft.VisualBasic.PowerPacks.Vs.dll 内)

[BrowsableAttribute(false)]
public DataRepeaterItem ItemTemplate { get; }

プロパティ値

型 : Microsoft.VisualBasic.PowerPacks.DataRepeaterItem

DataRepeater コントロール内の項目のレイアウトと外観を決定するオブジェクト。

DataRepeater コントロール内のすべての項目の実行時の外観を決定するプロパティを設定するには、ItemTemplate プロパティを使用します。実際には、実行時に作成される DataRepeaterItem オブジェクトのプロパティを設定することになります。実行時に DataRepeater に表示される項目は、スクロールして表示されるときにこのオブジェクトからコピーされます。

デザイン時に、コントロールが含まれる DataRepeater の部分を選択すると、[プロパティ] ウィンドウには、ItemTemplate のプロパティが表示されます。たとえば、ItemTemplateBackColor プロパティを Red に設定すると、DataRepeater 内のすべての項目が赤色の背景で表示されます。

実行時に、ItemTemplate のプロパティを変更する場合は、プロパティを設定する前に BeginResetItemTemplate メソッドを呼び出し、次に EndResetItemTemplate メソッドを呼び出して、変更をコミットする必要があります。

ItemTemplate プロパティは、実行時に DataRepeaterItem 内のコントロールにアクセスするためにも使用できます。たとえば、IDTextBox という名前の TextBoxBackColor を取得するには、次のコードを使用します。

color BC = dataRepeater1.ItemTemplate.Controls["IDTextBox"].BackColor;

DataRepeater コントロールの一般的なカスタマイズの例として、行の色を交互にする、条件に基づいてフィールドの色を変更する、などが挙げられます。このようなカスタマイズを行う方法を次の例に示します。この例は、Northwind データベースの Products テーブルにバインドされた DataRepeater コントロールがあることを前提としています。

private void dataRepeater1_DrawItem(object sender, 
    Microsoft.VisualBasic.PowerPacks.DataRepeaterItemEventArgs e)
{
    // Alternate the back color.
    if ((e.DataRepeaterItem.ItemIndex % 2) != 0)
    // Apply the secondary back color.
    {
        e.DataRepeaterItem.BackColor = Color.AliceBlue;
    }
    else
    {
        // Apply the default back color.
        dataRepeater1.ItemTemplate.BackColor = Color.White;
    }
    // Change the color of out-of-stock items to red.
    if (e.DataRepeaterItem.Controls["unitsInStockTextBox"].Text == "0")
    {
        e.DataRepeaterItem.Controls["unitsInStockTextBox"].BackColor = Color.Red;
    }
    else
    {
        e.DataRepeaterItem.Controls["unitsInStockTextBox"].BackColor = Color.White;
    }
}


  • 直前の呼び出し元に対する完全な信頼。このメンバは、部分的に信頼されているコードから使用することはできません。詳細については、「部分信頼コードからのライブラリの使用」を参照してください。

コミュニティの追加

表示: