この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

SaveFileDialogArray.Item プロパティ (Int16)

 

公開日: 2016年10月

特定の要素を取得、 SaveFileDialogArray インデックス。 読み取り専用です。

名前空間:   Microsoft.VisualBasic.Compatibility.VB6
アセンブリ:  Microsoft.VisualBasic.Compatibility (Microsoft.VisualBasic.Compatibility.dll 内)

public SaveFileDialog this[
	short Index
] { get; }

パラメーター

Index
Type: System.Int16

A Short コントロール配列の要素の位置を指定します。

プロパティ値

Type: System.Windows.Forms.SaveFileDialog

A SaveFileDialog 指定した Index コントロール配列内です。

Item プロパティがコントロール配列の既定のプロパティです。 そのため、次のコード行は等価です。

MsgBox(CStr(SaveFileDialogArray.Item(1).Text))
MsgBox(CStr(SaveFileDialogArray(1).Text))
System_CAPS_noteメモ

関数し、オブジェクト、 Microsoft.VisualBasic.Compatibility.VB6 名前空間は、使用するために Visual Basic 6.0 からアップグレードするためのツールによって提供されます Visual Basicします。 ほとんどの場合、これらの関数およびオブジェクトの機能を複製を他の名前空間内で検索する、 .NET Frameworkです。 必要とされるだけと Visual Basic 6.0 のコード モデルと大きく異なる、 .NET Framework 実装します。

.NET Framework
2.0 以降で使用可能
トップに戻る
表示: