この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Microsoft.SqlServer.Server 名前空間

 

公開日: 2016年10月

Microsoft.SqlServer.Server 名前空間には、クラスには、インターフェイス、Microsoft SQL Server および SQL Server データベース エンジン プロセスの実行環境に Microsoft .NET Framework 共通言語ランタイム (CLR) の統合に固有の列挙が含まれています。

クラス説明
System_CAPS_pubclassInvalidUdtException

場合にスローされる SQL Server または ADO.NET System.Data.SqlClient プロバイダーが無効なユーザー定義型 (UDT) を検出します。

System_CAPS_pubclassSqlContext

アクセスを提供する、呼び出し元のコンテキストの抽象化を表す、 SqlPipe, 、SqlTriggerContext, 、および WindowsIdentity オブジェクトです。 このクラスは継承できません。

System_CAPS_pubclassSqlDataRecord

1 行のデータとそのメタデータを表します。 このクラスは継承できません。

System_CAPS_pubclassSqlFacetAttribute

Transact SQL で使用できる追加情報を含むユーザー定義型 (UDT) の返された結果に注釈を付けます。

System_CAPS_pubclassSqlFunctionAttribute

SQL Server の関数とユーザー定義集計のメソッド定義を示すために使用します。 属性のプロパティには、種類が SQL Server に登録されているときに使用する物理的な特性が反映されます。

System_CAPS_pubclassSqlMetaData

指定し、パラメーターおよびの列のメタデータ情報を取得SqlDataRecordオブジェクト。 このクラスは継承できません。

System_CAPS_pubclassSqlMethodAttribute

メソッドの決定性およびデータ アクセス プロパティ、またはユーザー定義型 (UDT) のプロパティを示します。 属性のプロパティには、種類が SQL Server に登録されているときに使用される物理的な特性が反映されます。

System_CAPS_pubclassSqlPipe

マネージ ストアド プロシージャに、呼び出し元に結果を返す SQL Server データベース上でインプロセスで実行を許可します。 このクラスは継承できません。

System_CAPS_pubclassSqlProcedureAttribute

ストアド プロシージャとアセンブリのメソッドの定義を示すために使用します。 属性のプロパティには、種類が SQL Server に登録されているときに使用する物理的な特性が反映されます。 このクラスは継承できません。

System_CAPS_pubclassSqlTriggerAttribute

SQL Server でのトリガーとしてアセンブリのメソッドの定義を示すために使用します。 属性のプロパティは、種類が SQL Server に登録されているときに使用される物理属性が反映されます。 このクラスは継承できません。

System_CAPS_pubclassSqlTriggerContext

発生したトリガーに関するコンテキスト情報を提供します。

System_CAPS_pubclassSqlUserDefinedAggregateAttribute

型が、ユーザー定義集計として登録されていることを示します。 属性のプロパティは、種類が SQL Server に登録されているときに使用される物理属性が反映されます。 このクラスは継承できません。

System_CAPS_pubclassSqlUserDefinedTypeAttribute

SQL Server のユーザー定義型 (UDT) としてアセンブリの型定義を示すために使用します。 属性のプロパティには、種類が SQL Server に登録されているときに使用する物理的な特性が反映されます。 このクラスは継承できません。

インターフェイス説明
System_CAPS_pubinterfaceIBinarySerialize

ユーザー定義型 (UDT) とユーザー定義集計のシリアル化および逆シリアル化のカスタム実装を提供します。

列挙型説明
System_CAPS_pubenumDataAccessKind

ユーザー定義のメソッドまたは関数のユーザー データへのアクセスの種類について説明します。

System_CAPS_pubenumFormat

使用される SqlUserDefinedTypeAttributeSqlUserDefinedAggregateAttribute してユーザー定義型 (UDT)、または集計のシリアル化形式を示します。

System_CAPS_pubenumSystemDataAccessKind

ユーザー定義のメソッドまたは関数のシステム データへのアクセスの種類について説明します。

System_CAPS_pubenumTriggerAction

TriggerAction で列挙を使用、 SqlTriggerContext をどのようなアクションには、トリガーが発生したかを示すクラスです。

内のクラス属性を使用して、 Microsoft.SqlServer.Server (スカラーおよびテーブル値)、ユーザー定義関数、いずれかで、ユーザー定義集計関数には、.NET Framework の言語がサポートされている名前空間には、ストアド プロシージャ、トリガー、ユーザー定義型を作成できます。 SQL Server にも登録できます。

クエリ、 SqlContext クラスを SQL Server データベース エンジン プロセスで現在実行中のコードが実行されているかどうかを判断します。 これにより、ユーザーは、サーバーでマネージ ストアド プロシージャまたは関数を呼び出すと、またはユーザーの操作には、マネージ コードのトリガーが起動されたときに、呼び出し元のコンテキストも提供します。

SqlContext クラスには、 SqlPipe 、結果は返されるオブジェクトをクライアントにストアド プロシージャから、 SqlTriggerContext が起動されるトリガーを発生させた操作に関する情報を提供するオブジェクトと WindowsIdentity 、クライアントが認証に統合セキュリティを使用する場合は、呼び出し元のクライアントの身元を確認するために使用するオブジェクト。

SQL Server の CLR 統合と、Api の詳細については、 Microsoft.SqlServer.Server 名前空間には、SQL Server オンライン ブックを参照してください。

トップに戻る
表示: