SubscriptionDescription クラス
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する
この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

SubscriptionDescription クラス

 

サブスクリプションの説明を表します。

名前空間:   Microsoft.ServiceBus.Messaging
アセンブリ:  Microsoft.ServiceBus (Microsoft.ServiceBus.dll 内)

System::Object
  Microsoft.ServiceBus.Messaging::EntityDescription
    Microsoft.ServiceBus.Messaging::SubscriptionDescription

[DataContractAttribute(Name = "SubscriptionDescription", Namespace = "http://schemas.microsoft.com/netservices/2010/10/servicebus/connect")]
public ref class SubscriptionDescription sealed : EntityDescription

名前説明
System_CAPS_pubmethodSubscriptionDescription(String^, String^)

新しいインスタンスを初期化、 SubscriptionDescription クラスです。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyAccessedAt

最後にこのサブスクリプションに対する受信要求があった時間を取得します。

System_CAPS_pubpropertyAutoDeleteOnIdle

取得または設定、 TimeSpan サブスクリプションが自動的に削除されるまでアイドル状態の間隔。 最小継続時間が 5 分です。

System_CAPS_pubpropertyAvailabilityStatus

メッセージング用には、エンティティの可用性ステータスを取得します。

System_CAPS_pubpropertyCreatedAt

メッセージが作成された正確な時刻を取得します。

System_CAPS_pubpropertyDefaultMessageTimeToLive

取得または既定メッセージの time to live の値を設定します。 これは、その後、メッセージの有効期限、サービス バスにメッセージの送信時から時間です。 これが既定値が使用されるときに TimeToLive が、メッセージ自体で設定されていません。

も古いメッセージ、 TimeToLive 値の有効期限が切れるし、メッセージ ストアに保持されなくします。 サブスクライバーは期限切れのメッセージを受信できるされません。

メッセージが小さいことができます TimeToLive 値がここでは、指定された、既定では TimeToLive に設定されている T:System.TimeSpan.MaxValueします。 そのため、このプロパティでは、有効期限の値をメッセージに適用される既定の時間になります。

System_CAPS_pubpropertyEnableBatchedOperations

取得またはバッチ操作が有効になっているかどうかを示す値を設定します。

System_CAPS_pubpropertyEnableDeadLetteringOnFilterEvaluationExceptions

取得またはサブスクリプションが配信不能をサポート フィルター評価の例外のかどうかを示す値を設定します。

System_CAPS_pubpropertyEnableDeadLetteringOnMessageExpiration

取得またはサブスクリプションが配信メッセージの有効期限が切れたときに配信不能サポートかどうかを示す値を設定します。

System_CAPS_pubpropertyExtensionData

取得または追加データを格納する構造体を設定します。(EntityDescription から継承されました。)

System_CAPS_pubpropertyForwardDeadLetteredMessagesTo

取得または配信不能のメッセージの転送先受信者へのパスを設定します。

System_CAPS_pubpropertyForwardTo

取得またはメッセージの転送先受信者へのパスを設定します。

System_CAPS_pubpropertyIsReadOnly

取得またはエンティティの説明が読み取り専用かどうかを示す値を設定します。(EntityDescription から継承されました。)

System_CAPS_pubpropertyLockDuration

取得または設定、ロック期間のサブスクリプション。

System_CAPS_pubpropertyMaxDeliveryCount

取得または最大配信数を設定します。

System_CAPS_pubpropertyMessageCount

メッセージの数を取得します。

System_CAPS_pubpropertyMessageCountDetails

サブスクリプションの詳細メッセージを取得します。

System_CAPS_pubpropertyName

サブスクリプションの説明の名前を取得します。

System_CAPS_pubpropertyRequiresSession

取得またはサブスクリプションがセッションの概念をサポートしているかを示す値を設定します。

System_CAPS_pubpropertyStatus

取得または設定 (有効または無効になっている) サブスクリプションの現在の状態。 エンティティを無効にすると、そのエンティティが送信またはメッセージを受信できません。

System_CAPS_pubpropertyTopicPath

このサブスクリプションの説明が属しているトピックのパスを取得します。

System_CAPS_pubpropertyUpdatedAt

メッセージが更新された正確な時間を取得します。

System_CAPS_pubpropertyUserMetadata

取得またはユーザーのメタデータを設定します。

名前説明
System_CAPS_pubmethodEquals(Object^)

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodToString()

(Object から継承されました。)

名前説明
System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticMessageTimeToLiveDefaultValue

メッセージの time to live の既定値を指定します。

System_CAPS_noteメモ

エンティティ名では大文字です。MYSUBSCRIPTION は mysubscription と同じです。 したがって、使用する必要があります IgnoreCase エンティティ名の比較でします。

有効なパスとサブスクリプション名の文字が文字、数字、ピリオドにすることができます (.)、ハイフン (-)、およびアンダー スコア (_)。 最大パス/サブスクリプション名の長さは、50 文字です。 詳細については、次を参照してください。 Service Bus quotasします。

すべてのパブリック構造体 (Shared Visual Basic では) メンバーは、スレッド セーフです。 Aインスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示:
© 2016 Microsoft