この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

QueueDescription.DefaultMessageTimeToLive プロパティ

 

メッセージ有効期限の既定値を取得または設定します。 これは、その後メッセージの有効期限、サービス バスにメッセージが送信されたときから開始期間です。 これは、既定値が使用されるときに TimeToLive が、メッセージ自体で設定されていません。

も古いメッセージ、 TimeToLive 値の有効期限が切れるし、メッセージ ストアに保持されません。 サブスクライバーは、有効期限が切れたメッセージを受信できません。

メッセージが小さいほどを持つことができます TimeToLive 値よりも、ここでは、指定したが、既定では TimeToLive に設定されている T:System.TimeSpan.MaxValueです。 したがって、このプロパティはメッセージに適用される既定の有効期限値になります。

名前空間:   Microsoft.ServiceBus.Messaging
アセンブリ:  Microsoft.ServiceBus (Microsoft.ServiceBus.dll 内)

public TimeSpan DefaultMessageTimeToLive { get; set; }

プロパティ値

Type: System.TimeSpan

メッセージの既定の有効期限値。

設定した場合、 EnableDeadLetteringOnMessageExpiration し、プロパティ、その有効期限は、配信不能キューに移動する前に受信されなかったすべてのメッセージ。

最小値または最大のバインドがない TimeToLiveです。

トップに戻る
表示: