このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
エクスポート (0) 印刷
すべて展開

MessagingFactory.AcceptMessageSession メソッド

サービス名前空間でセッションが有効なすべてのサブスクリプションとキュー間で使用可能なセッションを返します。これは、大量のメッセージング エンティティがあるシナリオで役立ちます。

このメンバーはオーバーロードされます。構文、使用方法、および例などに関するこのメンバーの詳細については、オーバーロードの一覧にある名前をクリックしてください。

  名前 説明
パブリック メソッド AcceptMessageSession() サービス名前空間でセッションが有効なすべてのサブスクリプションとキュー間で使用可能なセッションを返します。
パブリック メソッド AcceptMessageSession(TimeSpan) サービス名前空間でセッションが有効なすべてのサブスクリプションとキュー間で使用可能なセッションを返します。
先頭に戻る

AcceptMessageSession() はサービス名前空間全体のスコープ内で動作します。現在はセッションが有効なエンティティのみがサポートされていて、配信不能キュー (またはその他のサブキュー) は含まれません。

注意

AcceptMessageSession は、現在 Service Bus for Windows Server のみでサポートされています。Windows Azure Service Bus では、NotSupportedException 例外が返されます。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft