この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

EndToEndSecurityMode 列挙型

 

Azure Service Bus バインドのセキュリティ設定を決定し、クライアントとサービスのエンドポイント間のセキュリティ関係を説明します。

名前空間:   Microsoft.ServiceBus
アセンブリ:  Microsoft.ServiceBus (Microsoft.ServiceBus.dll 内)

public enum EndToEndSecurityMode

メンバー名説明
Message

セキュリティは、SOAP メッセージ セキュリティを使用して提供されます。

None

セキュリティを無効にします。

Transport

セキュリティは、トランスポート セキュリティ、一般的に SSL を使用して提供されます。

TransportWithMessageCredential

セキュリティで保護されたトランスポート (HTTPS など) は、SOAP メッセージ セキュリティは、クライアント認証を提供しますが、整合性、機密性、および認証を提供します。

トップに戻る
表示: