エクスポート (0) 印刷
すべて展開

BasicHttpRelayBinding クラス

ASMX ベースの Web サービスおよび WS-I 基本プロファイル 1.1 に準拠した他のサービスと通信可能なエンドポイントを構成するためにクライアントが使用できるバインドを表します。

System.Object
  System.ServiceModel.Channels.Binding
    Microsoft.ServiceBus.BasicHttpRelayBinding

名前空間:  Microsoft.ServiceBus
アセンブリ:  Microsoft.ServiceBus (Microsoft.ServiceBus.dll)

public class BasicHttpRelayBinding : Binding, 
	IBindingRuntimePreferences

BasicHttpRelayBinding 型は、以下のメンバーを公開しています。

  名前説明
パブリック メソッドBasicHttpRelayBinding()BasicHttpRelayBinding クラスの新しいインスタンスを初期化します。
パブリック メソッドBasicHttpRelayBinding(String)指定された構成を使用して BasicHttpRelayBinding クラスの新しいインスタンスを初期化します。
パブリック メソッドBasicHttpRelayBinding(EndToEndBasicHttpSecurityMode, RelayClientAuthenticationType)バインドで使用される指定されたセキュリティの種類と、クライアントによって使用される認証の種類を使用して、BasicHttpRelayBinding クラスの新しいインスタンスを初期化します。
先頭に戻る

  名前説明
パブリック プロパティAllowCookiesクライアントが Cookie を許可するかどうかを決定する値を取得または設定します。
パブリック プロパティCloseTimeout (Binding から継承されています。)
パブリック プロパティEnvelopeVersionこのバインドでの処理対象メッセージで使用される SOAP のバージョンを取得します。
パブリック プロパティHostNameComparisonModeホスト名の比較方法を取得または設定します。
パブリック プロパティIsDynamicバインド要素が動的であるかどうかを取得または設定します。
パブリック プロパティMaxBufferPoolSizeバインドによって処理される TCP メッセージを格納するバッファー プールの許容最大サイズを取得または設定します。
パブリック プロパティMaxBufferSizeチャネルからメッセージを取得するバッファーの最大サイズを取得または設定します。
パブリック プロパティMaxReceivedMessageSizeこのバインドで構成されたチャネルで受信できるメッセージの最大サイズを取得または設定します。
パブリック プロパティMessageEncodingメッセージ エンコードの種類を取得または設定します。
パブリック プロパティMessageVersion (Binding から継承されています。)
パブリック プロパティName (Binding から継承されています。)
パブリック プロパティNamespace (Binding から継承されています。)
パブリック プロパティOpenTimeout (Binding から継承されています。)
パブリック プロパティProxyAddressプロキシ アドレスを取得または設定します。
パブリック プロパティReaderQuotasリーダー クォータを取得または設定します。
パブリック プロパティReceiveTimeout (Binding から継承されています。)
パブリック プロパティSchemeこのバインドで構成されるチャネルおよびリスナー用の URI トランスポート スキームを取得します。 (Binding.Scheme をオーバーライドします。)
パブリック プロパティSecurityこのバインドで使用されるセキュリティ バインドのコレクションを取得します。
パブリック プロパティSendTimeout (Binding から継承されています。)
パブリック プロパティTextEncodingメッセージ テキストの文字エンコードを取得または設定します。
パブリック プロパティTransferMode転送モードを取得または設定します。
パブリック プロパティUseDefaultWebProxyクライアントが既知の Web プロキシを使用するかどうかを決定する値を取得または設定します。
先頭に戻る

  名前説明
パブリック メソッドBuildChannelFactory<TChannel>(Object[]) (Binding から継承されています。)
パブリック メソッドBuildChannelFactory<TChannel>(BindingParameterCollection) (Binding から継承されています。)
パブリック メソッドBuildChannelListener<TChannel>(Object[]) (Binding から継承されています。)
パブリック メソッドBuildChannelListener<TChannel>(BindingParameterCollection) (Binding から継承されています。)
パブリック メソッドBuildChannelListener<TChannel>(Uri, Object[]) (Binding から継承されています。)
パブリック メソッドBuildChannelListener<TChannel>(Uri, BindingParameterCollection) (Binding から継承されています。)
パブリック メソッドBuildChannelListener<TChannel>(Uri, String, Object[]) (Binding から継承されています。)
パブリック メソッドBuildChannelListener<TChannel>(Uri, String, BindingParameterCollection) (Binding から継承されています。)
パブリック メソッドBuildChannelListener<TChannel>(Uri, String, ListenUriMode, Object[]) (Binding から継承されています。)
パブリック メソッドBuildChannelListener<TChannel>(Uri, String, ListenUriMode, BindingParameterCollection) (Binding から継承されています。)
パブリック メソッドCanBuildChannelFactory<TChannel>(Object[]) (Binding から継承されています。)
パブリック メソッドCanBuildChannelFactory<TChannel>(BindingParameterCollection) (Binding から継承されています。)
パブリック メソッドCanBuildChannelListener<TChannel>(Object[]) (Binding から継承されています。)
パブリック メソッドCanBuildChannelListener<TChannel>(BindingParameterCollection) (Binding から継承されています。)
パブリック メソッドCreateBindingElements現在のバインドに含まれるバインド要素の順序付きコレクションを返します。 (Binding.CreateBindingElements() をオーバーライドします。)
パブリック メソッドEquals (Object から継承されています。)
プロテクト メソッドFinalize (Object から継承されています。)
パブリック メソッドGetHashCode (Object から継承されています。)
パブリック メソッドGetProperty<T> (Binding から継承されています。)
パブリック メソッドGetType (Object から継承されています。)
プロテクト メソッドMemberwiseClone (Object から継承されています。)
パブリック メソッドShouldSerializeName (Binding から継承されています。)
パブリック メソッドShouldSerializeNamespace (Binding から継承されています。)
パブリック メソッドToString (Object から継承されています。)
先頭に戻る

  名前説明
明示的なインターフェイスの実装プライベート プロパティIBindingRuntimePreferences.ReceiveSynchronously着信要求が同期に処理されるか非同期に処理されるかを示す値を取得します。
先頭に戻る

Windows Azure Service Bus supports only Full Trust code access security.

The BasicHttpRelayBinding is closely aligned with the standard BasicHttpBinding in the .NET Framework. The key difference between the standard BasicHttpBinding and the BasicHttpRelayBinding is that the latter creates publicly reachable and, if desired, publicly discoverable HTTP listener endpoint listening on the cloud-based Windows Azure Service Bus, while the standard binding listens through the standard HTTP.sys listener on the local Windows computer.

With its default settings, the BasicHttpRelayBinding supports SOAP 1.1 messaging conforming to the WS-I Basic profile 1.1.

Services using the BasicHttpRelayBinding register their endpoints on the Windows Azure Service Bus using the "http" or "https" URI scheme. Client channels created using the BasicHttpRelayBinding use HTTP/HTTPS on the default TCP ports 80 and 443 as the transport mechanism to talk to the respective endpoint in the Windows Azure Service Bus cloud. The data channel is SSL-protected if the endpoint URI scheme is "https" and the Security.Mode property is set to one of the EndToEndBasicHttpSecurityMode values: Transport or TransportWithMessageCredential.

The following example shows how to define and use BasicHttpRelayBinding with the default configuration for a service and client in an application configuration file.

<system.serviceModel>

  <bindings>
    <!-- Application Binding -->
    <basicHttpRelayBinding>
      <binding name="default" />
    </basicHttpRelayBinding>
  </bindings>

  <client>
    <!-- Application Endpoint -->
    <endpoint name="RelayEndpoint"
              contract="Microsoft.ServiceBus.Samples.IMyContract"
              binding="basicHttpRelayBinding"
              bindingConfiguration="default"
              behaviorConfiguration="ReplaceWithEndpointBehaviorName"
              address="ReplaceWithEndpointAddress" />
  </client>

  <services>
    <service name="Microsoft.ServiceBus.Samples.MyService">
      <!-- Keep address empty to use host base address, or -->
      <!-- replace with endpoint address. -->
      <endpoint name="RelayEndpoint"
                contract="Microsoft.ServiceBus.Samples.IMyContract"                   
                binding="basicHttpRelayBinding" 
                bindingConfiguration="default"
                behaviorConfiguration="ReplaceWithEndpointBehaviorName"
                address="" />
    </service>
  </services>

  <behaviors>
    <endpointBehaviors>
      <!-- Add endpoint behavior here. -->
    </endpointBehaviors>
  </behaviors>

</system.serviceModel>

The following example is similar to the previous example except that it defines a custom configuration for BasicHttpRelayBinding. It turns off the security mode and client authentication, which means that SOAP messages are sent unsecured and that the client is not required to present a security token to the Windows Azure Service Bus.

<system.serviceModel>

  <bindings>
    <!-- Application Binding -->
    <basicHttpRelayBinding>
      <binding name="customBinding">
        <!-- Turn off SSL and client authentication -->
        <security mode="None" relayClientAuthenticationType="None" />
      </binding>
    </basicHttpRelayBinding>
  </bindings>

  <client>
    <!-- Application Endpoint -->
    <!-- No behavior configuration is added to this endpoint as the client does not need to authenticate. -->
    <endpoint name="RelayEndpoint"
              contract="Microsoft.ServiceBus.Samples.IMyContract"
              binding="basicHttpRelayBinding"
              bindingConfiguration="customBinding"
              address="ReplaceWithEndpointAddress" />
  </client>

  <services>
    <service name="Microsoft.ServiceBus.Samples.MyService">
      <!-- Keep address empty to use host base address, or -->
      <!-- replace with endpoint address. -->
      <endpoint name="RelayEndpoint"
                contract="Microsoft.ServiceBus.Samples.IMyContract"                   
                binding="basicHttpRelayBinding" 
                bindingConfiguration="customBinding"
                behaviorConfiguration="ReplaceWithEndpointBehaviorName"
                address="" />
    </service>
  </services>

  <behaviors>
    <endpointBehaviors>
      <!-- Add endpoint behavior here. -->
    </endpointBehaviors>
  </behaviors>

</system.serviceModel>

The following example illustrates the use of BasicHttpRelayBinding programmatically with its default settings. The default settings of BasicHttpRelayBinding for the end-to-end security mode and client authentication type are EndToEndSecurityMode.Transport and RelayClientAuthenticationType.RelayAccessToken respectively.

This example starts by specifying the credentials the service and the client are expected to send to the Windows Azure Service Bus by creating an endpoint behavior. Next, it creates the binding, the service address, and starts the service host. After starting the service, a channel factory is created for the IMyChannel channel type that is used to generate a client channel to the service. Finally, the client channel is opened.

// Configure the credentials through an endpoint behavior.
TransportClientEndpointBehavior relayCredentials = new TransportClientEndpointBehavior();
relayCredentials.CredentialType = TransportClientCredentialType.SharedSecret;
relayCredentials.Credentials.SharedSecret.IssuerName = issuerName;
relayCredentials.Credentials.SharedSecret.IssuerSecret = issuerSecret;

// Create the binding with default settings.
BasicHttpRelayBinding binding = new BasicHttpRelayBinding();

// Get the service address.
// Use the https scheme because by default the binding uses SSL for transport security.
Uri address = ServiceBusEnvironment.CreateServiceUri("https", serviceNamespace, "MyService");

// Create the service host.
ServiceHost host = new ServiceHost(typeof(MyService), address);
// Add the service endpoint with the BasicHttpRelayBinding.
host.AddServiceEndpoint(typeof(IMyContract), binding, address);
// Add the credentials through the endpoint behavior.
host.Description.Endpoints[0].Behaviors.Add(relayCredentials);
// Start the service.
host.Open();

// Create a channel factory for the specified channel type.
// This channel factory is used to create client channels to the service. 
// Each client channel the channel factory creates is configured to use the 
// BasicHttpRelayBinding that is passed to the constructor of the channel. factory.ChannelFactory<IMyChannel> channelFactory = new ChannelFactory<IMyChannel>(
    binding, new EndpointAddress(address));
channelFactory.Endpoint.Behaviors.Add(relayCredentials);

// Create and open the client channel.
IMyChannel channel = channelFactory.CreateChannel();
channel.Open();

The following example is similar to the previous example except that it uses BasicHttpRelayBinding with custom settings. It turns off the SSL security mode and client authentication, which means that SOAP messages are sent unsecured and that the client is not required to present a security token to the Windows Azure Service Bus. Because SSL is turned off, the http scheme is used in the service address. Also, since the client is not required to authenticate, no endpoint behavior for the credentials is added to the client channel. Note that the behavior is still added to the service endpoint because the service application always authenticates with the Windows Azure Service Bus.

// Configure the credentials through an endpoint behavior.
TransportClientEndpointBehavior relayCredentials = new TransportClientEndpointBehavior();
relayCredentials.CredentialType = TransportClientCredentialType.SharedSecret;
relayCredentials.Credentials.SharedSecret.IssuerName = issuerName;
relayCredentials.Credentials.SharedSecret.IssuerSecret = issuerSecret;

// Create the binding with custom settings.
BasicHttpRelayBinding binding = new BasicHttpRelayBinding();
// SOAP messages are not SSL-protected.
binding.Security.Mode = EndToEndSecurityMode.None;
// The client is not required to present a security token to the
// AppFabric Service Bus.
binding.Security.RelayClientAuthenticationType = RelayClientAuthenticationType.None;

// Get the service address.
// Use the http scheme because SSL security is turned off in our binding.
Uri address = ServiceBusEnvironment.CreateServiceUri("http", serviceNamespace, "MyService");

// Create the service host.
ServiceHost host = new ServiceHost(typeof(MyService), address);
// Add the service endpoint with the BasicHttpRelayBinding.
host.AddServiceEndpoint(typeof(IMyContract), binding, address);
// Add the credentials through the endpoint behavior.
host.Description.Endpoints[0].Behaviors.Add(relayCredentials);
// Start the service.
host.Open();

// Create a channel factory for the specified channel type.
// We do not add the endpoint behavior with the credentials to the channel 
// factory because client authentication is turned off in the binding used.
// This channel factory is used to create client channels to the service. 
// Each client channel the channel factory creates is configured to use the 
// BasicHttpRelayBinding that is passed to the constructor of the channel. factory.ChannelFactory<IMyChannel> channelFactory = new ChannelFactory<IMyChannel>(
    binding, new EndpointAddress(address));

// Create and open the client channel.
IMyChannel channel = channelFactory.CreateChannel();
channel.Open();

この型の public static (Visual Basic では Shared) のメンバーはすべて、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft