情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

WalletAddress クラス

2013/12/12

ウォレット項目の住所を表します。

System.Object
  Microsoft.Phone.Wallet.WalletAddress

Namespace:  Microsoft.Phone.Wallet
アセンブリ:  Microsoft.Phone (Microsoft.Phone.dll 内)

public class WalletAddress

WalletAddress 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック プロパティCityウォレット項目の住所の都市を取得します。
パブリック プロパティCountryRegionウォレット項目の住所の国または地域を取得します。
パブリック プロパティPostalCodeウォレット項目の住所の郵便番号を取得します。
パブリック プロパティStateProvinceウォレット項目の住所の都道府県を取得します。
パブリック プロパティStreetウォレット項目の住所の番地を取得します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドEquals(Object)指定した Object が、現在の Object と等しいかどうかを判断します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドFinalizeObject がガベージ コレクションで再利用される前に、Object がリソースを解放して他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド静的メンバーFromCivicAddressCivicAddress から Address インスタンスを作成します。
パブリック メソッドGetHashCode特定の型のハッシュ関数として機能します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドMemberwiseClone現在の Object の簡易コピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドToCivicAddressAddress から CivicAddress インスタンスを作成します。
パブリック メソッドToString現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)
このページのトップへ

機能

この API をアプリ内で使用する場合は、アプリ マニフェストで次の機能を指定する必要があります。この機能を指定しないと、アプリが正しく機能しないか、予期せずに終了することがあります。

ID_CAP_WALLET

Windows Phone 8

詳細については、「Windows Phone のアプリ機能とハードウェア要件」を参照してください。

Windows Phone OS

サポート: 8.0

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

表示: