ApplicationIdleDetectionMode プロパティ

2012/02/09

アプリケーションのアイドル検出が有効かどうかを取得または設定します。

Namespace:  Microsoft.Phone.Shell
アセンブリ:  Microsoft.Phone (Microsoft.Phone.dll 内)
XMLNS for XAML: xmlns には割り当てられません。

public IdleDetectionMode ApplicationIdleDetectionMode { get; set; }
<object ApplicationIdleDetectionMode="IdleDetectionMode" .../>

重要な注重要な注:

この Windows Phone 機能には、Windows Phone Marketplace にアプリケーションを表示するための認定要件があります。アプリケーションの設計やテストを行う際には、これらの要件を考慮する必要があります。詳細については、「Windows Phone 7 アプリケーションの認定要件」を参照してください。

アプリケーションのアイドル検出が有効になっている場合、オペレーティング システムはアイドル状態のアプリケーションを無効にします。アプリケーションのアイドル検出を無効にすると、オペレーティング システムはこのサービスを実行しません。電話のロック中にも実行中のアプリケーションによってバッテリが消費されるため、この機能を使用する際には注意が必要です。この場合、画面がオフになって電話がアイドル状態であるように見えるため、ユーザーはアプリケーションが実行中であることに気付かない可能性があります。

現在のリリースでは、ユーザーが電話のロックを許可している場合、アプリケーションはアイドル状態であると見なされます。将来のリリースでは、アプリケーションをアイドル状態と見なす条件が変更される可能性があります。アプリケーションのアイドル検出が無効になっている場合でも、バッテリの消耗などの他の理由で、オペレーティング システムによってアプリケーションが無効化される可能性があります。この機能の使用の詳細については、「Windows Phone のアイドル検出」を参照してください。

注注:

このプロパティでは、XAML の使用はサポートされていません。

このメソッドは、次のいずれかの例外をスローします。

InvalidOperationException

無効にした後で ApplicationIdleDetectionMode を有効にすることはできません。ApplicationIdleDetectionMode は、アプリケーションの PhoneApplicationFrame オブジェクトが初期化されるまで設定できません。

Windows Phone OS

7.1、7.0 でサポート

表示: