このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

PhoneApplicationService.Activated イベント

2013/12/12

以前に休止状態または廃棄状態にされていたアプリケーションがアクティブにされた場合に発生します。

Namespace:  Microsoft.Phone.Shell
アセンブリ:  Microsoft.Phone (Microsoft.Phone.dll 内)
XAML の XMLNS: xmlns にマップされていません。

public event EventHandler<ActivatedEventArgs> Activated
<object Activated="EventHandler<ActivatedEventArgs>" .../>

Activated イベントは、[スタート] ボタンを押すか、Launcher または Chooser を呼び出すことによって、ユーザーがアプリケーションから移動し、その後 Chooser のやり取りを完了するか、アプリケーションがもう一度アクティブになるまで [戻る] ボタンを使用するか、タスク切り替えからアプリケーションを選択することによって、アプリケーションに戻ったときに発生します。State プロパティから遷移状態を読み込むことによって、このイベントを処理します。アプリケーションは、以前のアプリケーション セッションを継続しているかのように、ユーザーに示す必要があります。アプリケーションの読み込みが遅延する原因になるため。このイベントの間に分離ストレージからデータを取得しないでください。

アプリケーションは、廃棄状態にしないでアクティブ化することができます。この場合、状態オブジェクトを確認することによって、アプリケーションのパフォーマンスを最適化できます。既にデータが含まれている場合、アプリケーションの状態を復元する必要はありません。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

表示:
© 2015 Microsoft