情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

ScheduledActionService クラス

2013/12/12

スケジュールされたアクションの管理を有効にします。

System.Object
  Microsoft.Phone.Scheduler.ScheduledActionService

Namespace:  Microsoft.Phone.Scheduler
アセンブリ:  Microsoft.Phone (Microsoft.Phone.dll 内)

public sealed class ScheduledActionService

ScheduledActionService 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッド静的メンバーAddスケジュールされたアクションをオペレーティング システムに登録します。
パブリック メソッドEquals(Object)指定した Object が、現在の Object と等しいかどうかを判断します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドFinalizeObject がガベージ コレクションで再利用される前に、Object がリソースを解放して他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド静的メンバーFind指定した名前の ScheduledAction を返します。
パブリック メソッド静的メンバーGetActions<T>システムに登録されている指定した型のすべての ScheduledAction オブジェクトを返します。
パブリック メソッドGetHashCode特定の型のハッシュ関数として機能します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド静的メンバーLaunchForTest指定した遅延の後で、ScheduledTask と関連付けられているバックグラウンド エージェントをバックグラウンドで実行します。
プロテクト メソッドMemberwiseClone現在の Object の簡易コピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド静的メンバーRemoveScheduled Action Service から、指定した名前を持つ ScheduledAction を削除します。
パブリック メソッド静的メンバーReplace既存の ScheduledAction を指定したものに置き換えます。Name プロパティは ScheduledAction オブジェクトを一意に識別し、置き換える既存のオブジェクト (ある場合) の特定に使用されます。
パブリック メソッドToString現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)
このページのトップへ

ScheduledAction は、Alarm および Reminder の基本クラスであり、PeriodicTask および ResourceIntensiveTask のほか、スケジュールされた通知をエンド ユーザーに対して有効にします。これは、メイン アプリケーションがフォアグラウンドにない場合でも処理を実行するバックグラウンド エージェントを有効にします。スケジュールされたアクションを作成して構成するには、これらの子クラスを使用し、次に Add(ScheduledAction) メソッドを使用してアクションをシステムに登録します。以前登録されたアクションを取得するには、GetActions<T>() および Find(String) を使用します。既存のアクションを更新するには、Replace(ScheduledAction) が使用され、Remove(String) は、スケジュールされたアクションをシステムから削除します。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

表示: