エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

VoipHttpIncomingCallTask クラス

2013/12/12

アプリのプッシュ通知チャネルで着信通話の通知が受信されたときに起動されるバックグラウンド エージェント。

System.Object
  Microsoft.Phone.Scheduler.ScheduledAction
    Microsoft.Phone.Scheduler.ScheduledTask
      Microsoft.Phone.Networking.Voip.VoipHttpIncomingCallTask

Namespace:  Microsoft.Phone.Networking.Voip
アセンブリ:  Microsoft.Phone (Microsoft.Phone.dll 内)

public sealed class VoipHttpIncomingCallTask : ScheduledTask

VoipHttpIncomingCallTask 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッドVoipHttpIncomingCallTaskVoipHttpIncomingCallTask クラスの新しいインスタンスを初期化します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック プロパティBeginTimeこのプロパティは現在のバージョンの ScheduledTask オブジェクトではサポートされていません。 (ScheduledTask から継承されます。)
パブリック プロパティChannelName着信通話の通知を受信したプッシュ通知チャネルの名前を取得します。
パブリック プロパティDescriptionScheduledTask の説明を取得または設定します。この文字列は、デバイスのバックグラウンド タスク設定ページでユーザーに対して表示されます。 (ScheduledTask から継承されます。)
パブリック プロパティExpirationTimeアクションのスケジュールが期限切れになる時刻を取得または設定します。 (ScheduledAction から継承されます。)
パブリック プロパティIsEnabledこの値は、現在のリリースでは使用しません。 (ScheduledAction から継承されます。)
パブリック プロパティIsScheduledアクションのスケジュールされた状態を取得します。 (ScheduledAction から継承されます。)
パブリック プロパティLastExitReasonエージェントが最後に実行を終了した理由を取得します。 (ScheduledTask から継承されます。)
パブリック プロパティLastScheduledTimeエージェントの実行がスケジュールされていた最後の時刻を取得します (デバイスのローカル時刻)。 (ScheduledTask から継承されます。)
パブリック プロパティMessageBodyエージェントを起動した着信通話のプッシュ通知から生のメッセージを取得します。
パブリック プロパティNameスケジュールされたアクションの名前を取得します。 (ScheduledAction から継承されます。)
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドEquals(Object)指定した Object が、現在の Object と等しいかどうかを判断します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドFinalizeObject がガベージ コレクションで再利用される前に、Object がリソースを解放して他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetHashCode特定の型のハッシュ関数として機能します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドMemberwiseClone現在の Object の簡易コピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドToString現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)
このページのトップへ

定期的なバックグラウンド エージェントと同様、VoIP キープ アライブ タスク エージェントは、処理できない例外をスローしたり、メモリ容量を続けて 2 回超えた場合にスケジュールが解除されます。エージェントを再スケジュールするには、フォアグラウンド アプリケーションでエージェントを削除してから、もう一度追加します。

機能

この API をアプリ内で使用する場合は、アプリ マニフェストで次の機能を指定する必要があります。この機能を指定しないと、アプリが正しく機能しないか、予期せずに終了することがあります。

ID_CAP_VOIP

Windows Phone 8

詳細については、「Windows Phone のアプリ機能とハードウェア要件」を参照してください。

Windows Phone OS

サポート: 8.0

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

表示:
© 2015 Microsoft