情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

DeviceStatus.ApplicationMemoryUsageLimit プロパティ

2013/12/12

アプリケーション プロセスが割り当てることができるメモリの最大量をバイト単位で返します。

Namespace:  Microsoft.Phone.Info
アセンブリ:  Microsoft.Phone (Microsoft.Phone.dll 内)

public static long ApplicationMemoryUsageLimit { get; }

プロパティ値

型: System.Int64
Int64 を返します。

アプリケーションが、デバイスで使用可能な量よりも多くのメモリを割り当てようとした場合、OutOfMemoryException が発生してアプリケーションが終了します。このプロパティを使用して、このような状況の発生を防ぐことができます。

注意注意:

このプロパティによって返される値は、プロパティを呼び出したプロセスの種類、およびデバイス上で現在使用可能なメモリの量によって異なります。たとえば、バックグラウンド エージェント プロセスが割り当てることができるメモリの量と前面のアプリケーション プロセスが割り当てることができる量は異なる可能性があります。このため、プロセスが常に同じ量のメモリにアクセスできるとは限りません。

このプロパティと ApplicationCurrentMemoryUsage プロパティを使用して、アプリケーション プロセスで割り当てることができる追加のメモリの最大容量を決定できます。

long x = DeviceStatus.ApplicationMemoryUsageLimit – DeviceStatus.ApplicationCurrentMemoryUsage;

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1

表示: