情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

WebBrowser.IsGeolocationEnabled プロパティ

2013/12/12

WebBrowser コントロールでホストされている Web サイトがデバイスのロケーション サービスを使用できるかどうかを判断します。

Namespace:  Microsoft.Phone.Controls
アセンブリ:  Microsoft.Phone (Microsoft.Phone.dll 内)
XAML の XMLNS: xmlns にマップされていません。

public bool IsGeolocationEnabled { get; set; }
<object IsGeolocationEnabled="bool" .../>

プロパティ値

型: System.Boolean
Boolean を返します。WebBrowser コントロールでホストされている Web サイトがデバイスのロケーション サービスを使用できる場合は true。それ以外の場合は false。既定値は false です。

既定では、このプロパティは false です。

WebBrowser コントロールでこのプロパティが true に設定されている場合、WebBrowser コントロール内のすべての移動先 Web サイトがロケーション サービスにアクセスできるようになります。セキュリティ上の理由から、WebBrowser コントロールがアプリケーションでホストされていない他の Web サイトに移動するときは、このプロパティを false に設定することができます。

このプロパティが true に設定されている場合でも、ID_CAP_LOCATION 機能が指定されていなければ、ロケーション サービスにアクセスできません。

このプロパティの設定後すぐに、ロケーション サービスは現在読み込まれているドキュメントに対して有効になります。

機能

この API をアプリ内で使用する場合は、アプリ マニフェストで次の機能を指定する必要があります。この機能を指定しないと、アプリが正しく機能しないか、予期せずに終了することがあります。

ID_CAP_LOCATION

Windows Phone 8, Windows Phone OS 7.1

詳細については、「Windows Phone のアプリ機能とハードウェア要件」を参照してください。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1

表示: