MSDN ライブラリ
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

BackgroundTransferRequest.UploadLocation プロパティ

2013/12/12

要求されたファイルのアップロード元である場所を取得または設定します。

Namespace:  Microsoft.Phone.BackgroundTransfer
アセンブリ:  Microsoft.Phone (Microsoft.Phone.dll 内)

public Uri UploadLocation { get; set; }

プロパティ値

型: System.Uri
要求されたファイルのアップロード元である場所。

注意注意:

バックグラウンド転送サービスでアクセスできるファイルを分離するには、すべての転送をアプリケーションの分離ストレージの \shared\transfers ディレクトリ内のファイルからアップロードする必要があります。このディレクトリにはディレクトリを追加できますが、転送ディレクトリの外部の URI」を設定しようとすると、例外がスローされます。

アップロードでサポートされるファイルの最大サイズは、携帯ネットワーク接続上では 5 MB です。バッテリー電源による Wi-Fi 接続上では、20 MB です。外部電源による Wi-Fi 接続上では、最大 100 MB です。

このメソッドは、次のいずれかの例外をスローします。

InvalidOperationException

転送要求が送信または破棄された後に転送要求のプロパティを変更することはできません。

NotSupportedException

パスは、\shared\transfers ディレクトリ内の場所を指している必要があります。相対 URI のみがサポートされます。パスの長さは 0 にできません。

ArgumentException

パスはファイル名で終わる必要があります。

指定した UriUriKind.Relative 型である必要があります。"isostore:" Uri スキーマを使用した絶対パスはサポートされていません。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1

表示:
© 2016 Microsoft