Workbook.SaveAs メソッド (2007 System)

更新 : 2007 年 11 月

ブックへの変更を別のファイルに保存します。

名前空間 :  Microsoft.Office.Tools.Excel
アセンブリ :  Microsoft.Office.Tools.Excel.v9.0 (Microsoft.Office.Tools.Excel.v9.0.dll 内)

public void SaveAs(
	Object Filename,
	Object FileFormat,
	Object Password,
	Object WriteResPassword,
	Object ReadOnlyRecommended,
	Object CreateBackup,
	XlSaveAsAccessMode AccessMode,
	Object ConflictResolution,
	Object AddToMru,
	Object TextCodepage,
	Object TextVisualLayout,
	Object Local
)

パラメータ

Filename
型 : System.Object

保存するファイルの名前です。フル パスを含めることができます。含めない場合、ファイルは現在のフォルダに保存されます。

FileFormat
型 : System.Object

ファイルを保存するときに使用するファイル形式です。指定可能なファイル形式については、FileFormat プロパティを参照してください。既存のファイルでは、最後に指定されたファイル形式が既定のファイル形式になります。新しいファイルでは、使用している Excel のバージョンの形式が既定のファイル形式になります。

Password
型 : System.Object

ファイルに指定する保護パスワードを表す最大 15 文字の文字列 (大文字と小文字が区別されます) です。

WriteResPassword
型 : System.Object

このファイルの書き込みパスワードです。ファイルがパスワード付きで保存されており、ファイルを開くときにパスワードが入力されなかった場合、ファイルは読み取り専用になります。

ReadOnlyRecommended
型 : System.Object

ファイルを開いたときに、読み取り専用で開くことを推奨するメッセージを表示する場合は true です。

CreateBackup
型 : System.Object

バックアップ ファイルを作成する場合は true です。

AccessMode
型 : Microsoft.Office.Interop.Excel.XlSaveAsAccessMode

XlSaveAsAccessMode 値のいずれかです。

ConflictResolution
型 : System.Object

XlSaveConflictResolution 値のいずれかです。

AddToMru
型 : System.Object

このブックを最近使用されたファイルに追加する場合は true です。既定値は、false です。

TextCodepage
型 : System.Object

英語 (U.S.) の Excel では使用しません。

TextVisualLayout
型 : System.Object

英語 (U.S.) の Excel では使用しません。

Local
型 : System.Object

true の場合、Excel の言語 (コントロール パネルの設定を含む) でファイルを保存します。false (既定値) の場合、VBA (Visual Basic for Applications) の言語でファイルを保存します。

Microsoft Visual Studio 2005 Tools for the Microsoft Office System では、ブックを共有ブックとして保存することがサポートされていません。

省略可能なパラメータ

省略可能なパラメータについては、「Office ソリューションの省略可能なパラメータについて」を参照してください。

次のコード例では、FileFormat プロパティの値をチェックし、ブックが通常のブックかどうかを確認します。ブックが通常のブックの場合、SaveAs メソッドを呼び出し、このブックを XMLCopy.xls という名前の XML スプレッドシートとして、Path プロパティで指定されたパスに再度保存します。

この例は、ドキュメント レベルのカスタマイズ用に作成されています。

private void WorkbookSaveAs()
{
    if (this.FileFormat == Excel.XlFileFormat.xlWorkbookNormal)
    {
        this.SaveAs(this.Path + @"\XMLCopy.xls",
            Excel.XlFileFormat.xlXMLSpreadsheet, missing, missing,
            false, false, Excel.XlSaveAsAccessMode.xlNoChange,
            missing, missing, missing, missing, missing);
    }
}


  • 直前の呼び出し元に対する完全な信頼。このメンバは、部分的に信頼されているコードから使用することはできません。詳細については、「部分信頼コードからのライブラリの使用」を参照してください。

コミュニティの追加

表示: