この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

DataCacheSecurity クラス

 

更新日: 2012年6月

クライアントとサーバー間で送信されるデータの署名および暗号化を有効にするために使用されます。

名前空間:   Microsoft.ApplicationServer.Caching
アセンブリ:  Microsoft.ApplicationServer.Caching.Core (Microsoft.ApplicationServer.Caching.Core.dll 内)

System.Object
  Microsoft.ApplicationServer.Caching.DataCacheSecurity

public class DataCacheSecurity

名前説明
System_CAPS_pubmethodDataCacheSecurity()

新しいインスタンスを初期化、 DataCacheSecurity クラスです。

System_CAPS_pubmethodDataCacheSecurity(DataCacheSecurityMode, DataCacheProtectionLevel)

新しいインスタンスを初期化、 DataCacheSecurity クラスを指定することができます、 DataCacheSecurityModeDataCacheProtectionLevel インスタンス。サーバー バージョンの AppFabric にのみ適用されます。

System_CAPS_pubmethodDataCacheSecurity(SecureString)

新しいインスタンスを初期化、 DataCacheSecurity クラスです。 のみ適用されます Windows Azure 共有キャッシュです。

System_CAPS_pubmethodDataCacheSecurity(SecureString, Boolean)

新しいインスタンスを初期化、 DataCacheSecurity クラスです。 のみ適用されます Windows Azure 共有キャッシュです。

System_CAPS_pubmethodDataCacheSecurity(String)

新しいインスタンスを初期化、 DataCacheSecurity クラスです。

System_CAPS_pubmethodDataCacheSecurity(String, Boolean)

新しいインスタンスを初期化、 DataCacheSecurity クラスです。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyProtectionLevel

ProtectionLevel の設定、 DataCacheSecurity オブジェクトです。

System_CAPS_pubpropertySecurityMode

SecurityMode の設定、 DataCacheSecurity オブジェクトです。

名前説明
System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

(Object から継承されました。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodToString()

(Object から継承されました。)

すべてのパブリック構造体 (Shared Visual Basic では) メンバーは、スレッド セーフです。 Aインスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: