DataCacheReadyRetryPolicy クラス
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する
この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

DataCacheReadyRetryPolicy クラス

 

更新日: 2012年6月

起動時に使用される再試行ポリシーを制御、 Windows Azure クラウド サービスです。

名前空間:   Microsoft.ApplicationServer.Caching
アセンブリ:  Microsoft.ApplicationServer.Caching.Client (Microsoft.ApplicationServer.Caching.Client.dll 内)

System.Object
Microsoft.ApplicationServer.Caching.DataCacheReadyRetryPolicy

現在、コード例がないか、この言語はサポートされていません。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyMaximumRetryIntervalInSeconds

再試行の間隔の最大秒数。

System_CAPS_pubpropertyRetryCount

再試行の回数。

名前説明
System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

(Object から継承されました。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodToString()

(Object から継承されました。)

この機能に焦点を当てた Windows Azure をホストするアプリケーション Windows Azure Caching ロールにします。 アプリケーションの起動時に、キャッシュ クラスターも開始しています。 キャッシュが使用できるようにする前に、いくつかの再試行がかかる場合があります。

Windows Azure Caching にのみ適用されます。

すべてのパブリック構造体 (Shared Visual Basic では) メンバーは、スレッド セーフです。 Aインスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示:
© 2016 Microsoft