エクスポート (0) 印刷
すべて展開

DataCacheReadyRetryPolicy クラス

Windows Azure クラウド サービスの起動時に使用される再試行ポリシーを制御します。

System..::..Object
  Microsoft.ApplicationServer.Caching..::..DataCacheReadyRetryPolicy

名前空間:  Microsoft.ApplicationServer.Caching
アセンブリ:  Microsoft.ApplicationServer.Caching.Client (Microsoft.ApplicationServer.Caching.Client.dll)

public class DataCacheReadyRetryPolicy

DataCacheReadyRetryPolicy 型は、以下のメンバーを公開しています。

  名前説明
パブリック プロパティMaximumRetryIntervalInSeconds再試行の間隔の最大秒数。
パブリック プロパティRetryCount再試行の回数。
先頭に戻る

  名前説明
パブリック メソッドEquals (Object から継承されています。)
プロテクト メソッドFinalize (Object から継承されています。)
パブリック メソッドGetHashCode (Object から継承されています。)
パブリック メソッドGetType (Object から継承されています。)
プロテクト メソッドMemberwiseClone (Object から継承されています。)
パブリック メソッドToString (Object から継承されています。)
先頭に戻る

This feature is specifically targeted at Windows Azure applications that host Windows Azure Caching on roles. As the application starts, the cache cluster is also starting. It might take several retries before the cache is ready for use.

Windows Azure Caching にのみ適用されます。

この型の public static (Visual Basic では Shared) のメンバーはすべて、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft