この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

DataCacheLockHandle クラス

 

更新日: 2012年6月

ペシミスティック同時実行シナリオで、キャッシュされたオブジェクトをロックおよびロック解除するためのキーとして使用する構造体を表します。

名前空間:   Microsoft.ApplicationServer.Caching
アセンブリ:  Microsoft.ApplicationServer.Caching.Core (Microsoft.ApplicationServer.Caching.Core.dll 内)

System.Object
  Microsoft.ApplicationServer.Caching.DataCacheLockHandle

[DataContractAttribute(Name = "DataCacheLockHandle", Namespace = "http://schemas.microsoft.com/velocity/namespace")]
public class DataCacheLockHandle

名前説明
System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

(Object から継承されました。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodToString()

指定されたオブジェクトを文字列に返します。(Object.ToString() をオーバーライドする。)

適切なロックを解除すると、オブジェクトの順序で DataCacheLockHandle ロックを解除する方法を指定する必要があります (たとえば、 PutAndUnlockUnlock)。 DataCacheLockHandle ロックするメソッドによって提供される GetAndLockです。

すべてのパブリック構造体 (Shared Visual Basic では) メンバーは、スレッド セーフです。 Aインスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: