この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

DataCacheLocalCacheProperties クラス

 

更新日: 2012年6月

キャッシュ クライアントのローカル キャッシュ設定を指定します。

名前空間:   Microsoft.ApplicationServer.Caching
アセンブリ:  Microsoft.ApplicationServer.Caching.Client (Microsoft.ApplicationServer.Caching.Client.dll 内)

System.Object
  Microsoft.ApplicationServer.Caching.DataCacheLocalCacheProperties

現在、コード例がないか、この言語はサポートされていません。

名前説明
System_CAPS_pubmethodDataCacheLocalCacheProperties()

新しいインスタンスを作成、 DataCacheLocalCacheProperties クラスです。

System_CAPS_pubmethodDataCacheLocalCacheProperties(Int64, TimeSpan, DataCacheLocalCacheInvalidationPolicy)

新しいインスタンスを作成、 DataCacheLocalCacheProperties クラスです。 このオーバーロードされたコンストラクターは、ローカル キャッシュのプロパティを構成するパラメーターを受け取ります。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyDefaultTimeout

ローカル キャッシュ内の項目の既定のタイムアウトを取得します。

System_CAPS_pubpropertyInvalidationPolicy

ローカル キャッシュ内の項目の無効化ポリシーを取得します。

System_CAPS_pubpropertyIsEnabled

ローカル キャッシュがキャッシュ クライアントで有効になっているかどうかを示すブール値を取得します。

System_CAPS_pubpropertyObjectCount

ローカル キャッシュで許可されているオブジェクトの最大数を取得します。

名前説明
System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

(Object から継承されました。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodToString()

(Object から継承されました。)

このクラスを使用するに、そのインスタンスを割り当てる、 LocalCacheProperties のプロパティ、 DataCacheFactoryConfiguration クラスです。

このクラスのプロパティは読み取り専用であることに注意してください。 このため、オーバーロードされたコンストラクターを使用して値をプロパティに割り当てる必要があります。

すべてのパブリック構造体 (Shared Visual Basic では) メンバーは、スレッド セーフです。 Aインスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: