この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

DataCacheItem クラス

 

更新日: 2012年6月

クラスター内のキャッシュされたオブジェクトと関連付けられたすべての情報を取得するために使用します。

名前空間:   Microsoft.ApplicationServer.Caching
アセンブリ:  Microsoft.ApplicationServer.Caching.Core (Microsoft.ApplicationServer.Caching.Core.dll 内)

System.Object
  Microsoft.ApplicationServer.Caching.DataCacheItem

[DataContractAttribute(Name = "DataCacheItem", Namespace = "http://schemas.microsoft.com/velocity/namespace")]
public sealed class DataCacheItem

名前説明
System_CAPS_pubmethodDataCacheItem()

新しいインスタンスを初期化、 DataCacheItem クラスです。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyCacheName

オブジェクトが保存されているキャッシュの名前。

System_CAPS_pubpropertyExtensionTimeout

各アクセスで、オブジェクトの有効期間を延長する時間の量です。

System_CAPS_pubpropertyKey

キャッシュまたはリージョン内のキャッシュされたオブジェクトを区別するために使用される識別子です。

System_CAPS_pubpropertyRegionName

該当する場合、オブジェクトが格納されるリージョンの名前です。

System_CAPS_pubpropertySize

この API は、製品 インフラストラクチャをサポートしており、コードから直接使用されることを想定していません。 キャッシュされた項目の概算のサイズです。 このフィールドは内部でのみ使用することを目的としています。

System_CAPS_pubpropertyTags

キャッシュされたオブジェクトと関連付けられたタグの汎用リストです。

System_CAPS_pubpropertyTimeout

オブジェクトがキャッシュ内に留まる時間の長さを指定します。

System_CAPS_pubpropertyValue

キャッシュに格納されるオブジェクトです。

System_CAPS_pubpropertyVersion

キャッシュされたオブジェクトのバージョンです。

名前説明
System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodToString()

この API は、製品 インフラストラクチャをサポートしており、コードから直接使用されることを想定していません。 文字列表現を作成、 DataCacheItem オブジェクトです。(Object.ToString() をオーバーライドする。)

DataCacheItem クラスは、オブジェクトおよび同時実行制御操作と関連付けられたタグを更新するために便利です。

すべてのパブリック構造体 (Shared Visual Basic では) メンバーは、スレッド セーフです。 Aインスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: