DataCacheFailureNotificationCallback デリゲート
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する
この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

DataCacheFailureNotificationCallback デリゲート

 

更新日: 2012年6月

キャッシュ クライアントがキャッシュ通知を見失った場合に、メソッドが失敗通知により呼び出されるために必要なパラメーターを指定します。 サポートされていません Windows Azure 共有キャッシュです。

名前空間:   Microsoft.ApplicationServer.Caching
アセンブリ:  Microsoft.ApplicationServer.Caching.Client (Microsoft.ApplicationServer.Caching.Client.dll 内)

public delegate void DataCacheFailureNotificationCallback(
	string cacheName,
	DataCacheNotificationDescriptor nd
)

パラメーター

cacheName
Type: System.String

見失われた通知に関連付けられているキャッシュの名前。

nd
Type: Microsoft.ApplicationServer.Caching.DataCacheNotificationDescriptor

DataCacheNotificationDescriptor デリゲート メソッドを呼び出した失敗通知に関連付けられているオブジェクト。

失敗通知がトリガーされるのは、キャッシュ クライアントが 1 つ以上の通知を見失った場合です。 キャッシュ通知のコールバックの追加と同様に、失敗通知コールバックの追加には 2 つの手順が含まれます。 まず、失敗通知がトリガーされた時点に呼び出されるメソッドを作成します。 失敗通知を使用して呼び出すメソッドは、このデリゲートと同じパラメーターを受け入れる必要があります。 エラー通知コールバックを使用して、次に、追加、 AddFailureNotificationCallback メソッドです。

System_CAPS_noteメモ

アプリケーションで通知を使用するためには、名前付きキャッシュで通知を有効にする必要があります。Microsoft AppFabric 1.1 for Windows Server Caching, を使用して、 notificationsEnabled を持つパラメーター、 New-Cache または Set-CacheConfig Windows PowerShell コマンド。Windows Azure Caching, で通知を有効にする、 キャッシュ 、キャッシュをホストするロールの構成。

トップに戻る
表示:
© 2016 Microsoft