このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
DataCacheFactory クラス
Collapse the table of content
Expand the table of content

DataCacheFactory クラス

更新日: 2012年6月

名前付きキャッシュにマップされる DataCache オブジェクトを返すメソッドを提供します。このクラスにより、キャッシュ クライアントのプログラムによる構成も可能になります。

System.Object
  Microsoft.ApplicationServer.Caching.DataCacheFactory

名前空間:  Microsoft.ApplicationServer.Caching
アセンブリ:  Microsoft.ApplicationServer.Caching.Client (Microsoft.ApplicationServer.Caching.Client.dll)

public final class DataCacheFactory implements IDisposable

DataCacheFactory 型は、以下のメンバーを公開しています。

  名前説明
パブリック メソッドDataCacheFactory()アプリケーション構成ファイルに基づいてキャッシュ クライアントを構成するために使用します。
パブリック メソッドDataCacheFactory(DataCacheFactoryConfiguration)プログラムによりキャッシュ クライアントを構成するために使用します。
先頭に戻る

  名前説明
パブリック メソッドDisposeDataCacheFactory オブジェクトを閉じて、関連付けられたすべてのリソースを解放します。
パブリック メソッドEquals (Object から継承されています。)
パブリック メソッドGetCacheDataCache オブジェクトのインスタンスであるキャッシュ クライアントを返します。
パブリック メソッドGetDefaultCacheDataCache オブジェクトのインスタンスである既定のキャッシュに対応するキャッシュ クライアントを返します。
パブリック メソッドGetHashCode (Object から継承されています。)
パブリック メソッドGetType (Object から継承されています。)
パブリック メソッドToString (Object から継承されています。)
先頭に戻る

この型の public static (Visual Basic では Shared) のメンバーはすべて、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft