SetSink メソッド (DataCacheTraceSink, TraceLevel)
目次を折りたたむ
目次を展開する
この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

DataCacheClientLogManager.SetSink メソッド (DataCacheTraceSink, TraceLevel)

 

キャッシュ クライアントのトレースを有効にします。

名前空間:   Microsoft.ApplicationServer.Caching
アセンブリ:  Microsoft.ApplicationServer.Caching.Core (Microsoft.ApplicationServer.Caching.Core.dll 内)

static member SetSink : 
        traceSink:DataCacheTraceSink *
        traceLevel:TraceLevel -> unit

パラメーター

traceSink
Type: Microsoft.ApplicationServer.Caching.DataCacheTraceSink

トレースの種類。 これに設定することができます DiagnosticSink または EtwSinkです。

traceLevel
Type: System.Diagnostics.TraceLevel

TraceLevel トレース レベル。

詳細については、XmlLite の概要を参照してください。

トップに戻る
表示:
© 2016 Microsoft