このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
エクスポート (0) 印刷
すべて展開

DataCacheClientLogManager クラス

更新日: 2012年6月

Windows Azure Caching のログ レベルの変更にサポートを提供します。

System.Object
  Microsoft.ApplicationServer.Caching.DataCacheClientLogManager

名前空間:  Microsoft.ApplicationServer.Caching
アセンブリ:  Microsoft.ApplicationServer.Caching.Core (Microsoft.ApplicationServer.Caching.Core.dll)

[<AbstractClassAttribute>]
[<SealedAttribute>]
type DataCacheClientLogManager =  class end

DataCacheClientLogManager 型は、以下のメンバーを公開しています。

  名前説明
パブリック メソッド静的メンバーChangeLogLevelWindows Azure Caching の Windows イベント トレーシング (ETW) ログのログ レベルを変更します。
パブリック メソッド静的メンバーSetSinkキャッシュ クライアントのトレースを有効にします。
先頭に戻る

この型の public static (Visual Basic では Shared) のメンバーはすべて、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft