CacheOperationStartedEventArgs クラス
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

CacheOperationStartedEventArgs クラス

 

更新日: 2012年6月

この API は、製品 インフラストラクチャをサポートしており、コードから直接使用されることを想定していません。

名前空間:   Microsoft.ApplicationServer.Caching
アセンブリ:  Microsoft.ApplicationServer.Caching.Client (Microsoft.ApplicationServer.Caching.Client.dll 内)

System.Object
  System.EventArgs
    Microsoft.ApplicationServer.Caching.CacheOperationStartedEventArgs

現在、コード例がないか、この言語はサポートされていません。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyOperationContext

この API は、製品 インフラストラクチャをサポートしており、コードから直接使用されることを想定していません。

System_CAPS_pubpropertyOperationType

この API は、製品 インフラストラクチャをサポートしており、コードから直接使用されることを想定していません。

名前説明
System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodToString()

(Object から継承されました。)

すべてのパブリック構造体 (Shared Visual Basic では) メンバーは、スレッド セーフです。 Aインスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示:
© 2016 Microsoft