この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

SecurityTokenScope.CacheMetadata メソッド

 

名前空間:   Microsoft.Activities.Messaging
アセンブリ:  Microsoft.Activities (Microsoft.Activities.dll 内)

名前説明
System_CAPS_protmethodCacheMetadata(ActivityMetadata)

(NativeActivity から継承されました。)

System_CAPS_protmethodCacheMetadata(NativeActivityMetadata)

アクティビティの引数、変数、子アクティビティ、およびアクティビティのデリゲートの説明を作成および検証します。(NativeActivity.CacheMetadata(NativeActivityMetadata) をオーバーライドする。)

トップに戻る

SecurityTokenScope.CacheMetadata メソッド (NativeActivityMetadata)

アクティビティの引数、変数、子アクティビティ、およびアクティビティのデリゲートの説明を作成および検証します。

protected override void CacheMetadata(
	NativeActivityMetadata metadata
)

パラメーター

metadata
Type: System.Activities.NativeActivityMetadata

アクティビティの引数、変数、子アクティビティ、およびアクティビティのデリゲートをカプセル化するアクティビティのメタデータ。

トップに戻る
表示: