この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

SecurityToken クラス

 

セキュリティ トークンを表す基本クラス。

名前空間:   Microsoft.Activities.Messaging
アセンブリ:  Microsoft.Activities (Microsoft.Activities.dll 内)

System.Object
  Microsoft.Activities.Messaging.SecurityToken

[DataContractAttribute]
public abstract class SecurityToken

名前説明
System_CAPS_protmethodSecurityToken()

新しいインスタンスを初期化、 SecurityToken クラスです。

名前説明
System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodToString()

(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodWriteTo(ChannelFactory)

要求メッセージのセキュリティ トークンを書き込むためにランタイムによって呼び出されます。

System_CAPS_pubmethodWriteTo(HttpRequestMessage)

要求メッセージのセキュリティ トークンを書き込むためにランタイムによって呼び出されます。

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: