CreateUriFromDynamicValue クラス
目次を折りたたむ
目次を展開する
この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

CreateUriFromDynamicValue クラス

 

入力 DynamicValue から Uri を作成するアクティビティ。

名前空間:   Microsoft.Activities
アセンブリ:  Microsoft.Activities (Microsoft.Activities.dll 内)

System.Object
  System.Activities.Activity
    System.Activities.ActivityWithResult
      System.Activities.Activity<TResult>
        System.Activities.CodeActivity<TResult>
          Microsoft.Activities.CreateUriFromDynamicValue

[ContentPropertyAttribute("Options")]
public sealed class CreateUriFromDynamicValue : CodeActivity<string>

名前説明
System_CAPS_pubmethodCreateUriFromDynamicValue()

CreateUriFromDynamicValue クラスの新しいインスタンスを初期化します。

System_CAPS_pubmethodCreateUriFromDynamicValue(InArgument<DynamicValue>)

CreateUriFromDynamicValue クラスの新しいインスタンスを初期化します。

名前説明
System_CAPS_protpropertyCacheId

(Activity から継承されました。)

System_CAPS_pubpropertyDisplayName

(Activity から継承されました。)

System_CAPS_pubpropertyId

(Activity から継承されました。)

System_CAPS_protpropertyImplementationVersion

(CodeActivity<TResult> から継承されました。)

System_CAPS_pubpropertyOptions

スキーム、ホスト、ポート、パス、クエリ、フラグメントなど、Uri の要素を含む DynamicValue を取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertyResult

(Activity<TResult> から継承されました。)

System_CAPS_pubpropertyResultType

(ActivityWithResult から継承されました。)

名前説明
System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodToString()

(Activity から継承されました。)

すべてのパブリック構造体 (Shared Visual Basic では) メンバーは、スレッド セーフです。 Aインスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2016 Microsoft