この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

String.Concat メソッド (Object, Object)

 

公開日: 2016年10月

指定した 2 つのオブジェクトの文字列形式を連結します。

名前空間:   System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public static string Concat(
	object arg0,
	object arg1
)

パラメーター

arg0
Type: System.Object

連結する最初のオブジェクト。

arg1
Type: System.Object

連結する 2 番目のオブジェクト。

戻り値

Type: System.String

arg0 および arg1 の値の文字列形式を連結した結果。

メソッドを連結arg0arg1パラメーターなしで呼び出すことによってToStringメソッドのarg0arg1; 任意の区切り記号を追加することはできません。

String.Empty任意の null の引数の代わりに使用されます。

場合、引数の配列参照は、メソッドは、そのメンバー (たとえば、"System.String[]") 代わりに、その配列を表す文字列を連結します。

次の例で、Concatメソッドです。

using System;

class stringConcat5 {
    public static void Main() {
    int i = -123;
    Object o = i;
    Object[] objs = new Object[] {-123, -456, -789};

    Console.WriteLine("Concatenate 1, 2, and 3 objects:");
    Console.WriteLine("1) {0}", String.Concat(o));
    Console.WriteLine("2) {0}", String.Concat(o, o));
    Console.WriteLine("3) {0}", String.Concat(o, o, o));

    Console.WriteLine("\nConcatenate 4 objects and a variable length parameter list:");
    Console.WriteLine("4) {0}", String.Concat(o, o, o, o));
    Console.WriteLine("5) {0}", String.Concat(o, o, o, o, o));

    Console.WriteLine("\nConcatenate a 3-element object array:");
    Console.WriteLine("6) {0}", String.Concat(objs));
    }
}
// The example displays the following output:
//    Concatenate 1, 2, and 3 objects:
//    1) -123
//    2) -123-123
//    3) -123-123-123
//    
//    Concatenate 4 objects and a variable length parameter list:
//    4) -123-123-123-123
//    5) -123-123-123-123-123
//    
//    Concatenate a 3-element object array:
//    6) -123-456-789

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
1.1 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能
トップに戻る
表示: