エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

String.Concat メソッド (Object[])

指定した Object 配列の要素の文字列形式を連結します。

名前空間:  System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public static string Concat(
	params Object[] args
)

パラメーター

args
型 : System.Object[]
連結する要素を格納しているオブジェクト配列。

戻り値

型 : System.String
args で指定された各要素の値の文字列形式を連結した結果。

例外条件
ArgumentNullException

argsnull なので、

OutOfMemoryException

メモリが不足しています。

このメソッドは、オブジェクトのパラメーターなしの ToString メソッドを呼び出すことによって、args 内の各オブジェクトを連結します。区切り記号は追加しません。

String.Empty は、配列内の任意の null オブジェクトの代わりに使用されます。

呼び出し時の注意

このメソッドは、C++ コードで呼び出すことはできません。 C++ コンパイラは、4 つ以上のオブジェクト パラメーターを含む Concat の呼び出しを Concat(Object, Object, Object, Object) の呼び出しとして解決します。

Concat メソッドを Object 配列と共に使用する例を次に示します。


using System;

public class ConcatTest {
    public static void Main() {
        // Create a group of objects.
        Test1 t1 = new Test1();
        Test2 t2 = new Test2();
        int i = 16;
        string s = "Demonstration";

        // Place the objects in an array.
        object [] o = { t1, i, t2, s };

        // Concatenate the objects together as a string. To do this,
        // the ToString method of each of the objects is called.
        Console.WriteLine(string.Concat(o));
    }
}

// Create two empty test classes.
class Test1 {
}

class Test2 {
}
// The example displays the following output:
//       Test116Test2Demonstration


.NET Framework

サポート対象 : 4.5.2、4.5.1、4.5、4、3.5、3.0、2.0、1.1、1.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4、3.5 SP1

汎用性のあるクラス ライブラリ

サポート対象 : 汎用性のあるクラス ライブラリ

Windows ストア アプリ用 .NET

サポート対象 : Windows 8

Windows Phone アプリ用 .NET

サポート対象 : Windows Phone 8、Silverlight 8.1

Windows Phone 8.1, Windows Phone 8, Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft