エクスポート (0) 印刷
すべて展開

Azure Cache 用に実行中の In-Role Cache クラスターを構成する

更新日: 2014年9月

noteメモ
アプリケーションに対して適切な Azure Cache サービスを選択するためのガイダンスについては、「どの Azure Cache を利用すればよいですか。」を参照してください。

ここでは、デプロイしたクラウド サービスのロールでホストする Microsoft Azure Cache を構成する方法について概要を説明します。一部の変更によって、キャッシュが再作成され、そのキャッシュについて短いダウンタイムが発生します。その他の変更はサポートされていません。このトピックの情報をよく読み、内容を理解してください。

キャッシュ はいくつかの構成設定で構成されます。デプロイされているクラウド サービスの キャッシュ を変更するには、 を使用してそれらの設定を変更します。次に、このプロセスの手順を説明します。

  1. で、[クラウド サービス] を選択します。

  2. 使用しているクラウド サービスを選択し、[運用] または [ステージング] を選択します。

  3. [構成] リンクをクリックし、スクロールして、キャッシュ をホストするロールの設定を表示します。

  4. [設定] セクションを使用して、キャッシュ設定を変更します。詳細については、このトピックの以下のセクションを参照してください。

このトピックで説明しているすべての設定は [構成] タブにありますが、[スケール] タブにも重要な構成設定が 1 つあります。キャッシュ をホストするロールのロール インスタンスを追加または削除することで、キャッシュ サイズを拡張または縮小することができます。

Important重要
ロール インスタンス数をスケール ダウンする場合は、減らす数を 3 個以下にすることが重要です。この変更が完了したら、引き続き 3 個以下ずつインスタンスを減らすことができます。

名前付きキャッシュを追加または削除するには、このセクションを手動で変更します。名前付きキャッシュを削除する処理には、数分かかる可能性があります。JSON 構文の構築方法と使用できる選択については、「In-Role Cache ロール構成設定 (ServiceConfiguration.cscfg)」を参照してください。既存のキャッシュのすべての設定は変更しないでください。次の表で、各名前付きキャッシュ設定の概要について説明します。

 

Setting サポート 影響

name

実行時にはサポートされません。

キャッシュの名前を変更しようとすると、既存のキャッシュが削除され、新しいキャッシュが作成される結果になります。また、このシナリオの場合、最初のキャッシュがなくなり、新しいキャッシュが追加されたことを認識するコードが必要です。

eviction

サポートされています

この設定を変更すると、名前付きキャッシュが削除された後、作成され直します。この処理中、数分間、キャッシュは使用できなくなります。

expiration

サポートされています

この設定を変更すると、名前付きキャッシュが削除された後、作成され直します。この処理中、数分間、キャッシュは使用できなくなります。

serverNotification

サポートされています

この設定を変更すると、名前付きキャッシュが削除された後、作成され直します。この処理中、数分間、キャッシュは使用できなくなります。

secondaries

実行時にはサポートされません。

実行時にこの設定を変更すると、パフォーマンスが低下する可能性があります。この設定を変更するには、再デプロイが必要です。

defaultTTL

サポートされています

この設定を変更すると、名前付きキャッシュが削除された後、作成され直します。この処理中、数分間、キャッシュは使用できなくなります。

実行時におけるこの設定の変更はサポートされません。詳細については、「In-Role Cache のトラブルシューティングと診断 (Azure Cache)」を参照してください。

実行時におけるこの設定の変更はサポートされません。変更された設定を使って、クラウド サービスをデプロイし直す必要があります。

実行時におけるこの設定の変更はサポートされません。変更された設定を使って、クラウド サービスをデプロイし直す必要があります。

実行時におけるこの設定の変更はサポートされません。詳細については、「In-Role Cache のトラブルシューティングと診断 (Azure Cache)」を参照してください。この構成設定は、キャッシュ を使用するロール (キャッシュ クライアント) に固有です。

関連項目

表示:
© 2015 Microsoft