このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Windows Phone 8 と Windows 8 の XAML コントロールの比較

2014/06/18

対象: Windows Phone 8 および Windows Phone Silverlight 8.1 | Windows 8

このトピックでは、Windows Phone 8 と Windows 8 で使用できる XAML コントロールのセットを比較対照して説明します。以下で説明するように、この両者に使用できる種類のコントロールはよく似ていて、同じ概念を使用してユーザー インターフェイスを計画およびデザインすることができます。

Windows Phone 8 の XAML UI コントロールは、System.Windows.Controls 名前空間と Microsoft.Phone.Controls 名前空間で定義されています。このリリースでは、コントロールのセットに LongListSelector が追加されています。また、いくつかの点で機能が強化されています。XAML を使用してビルドされた Windows ストア アプリの UI コントロールは、Windows.UI.Xaml.Controls 名前空間で定義されています。各プラットフォームのコントロールのセットは、概念上重複する点があります。以下の図に、両方のプラットフォームで使用できる種類のコントロールの観点から、この重複を示します。

Overlap of Xaml controls

上の図では、Windows Phone と Windows ストア アプリ開発のどちらに由来するものでも、使い慣れたコントロールの大部分は両方のプラットフォームに存在することが確認できます。これらはバイナリ互換ではありませんが、ユーザー インターフェイス上で各コントロールを定義するために使用される XAML と、各コントロール上で使用できるプロパティはよく似ています。たとえば、1 つの TextBox コントロールと 2 つの Button コントロールが含まれる電話アプリでページを使用する場合、これらを定義する XAML を、Windows ストア アプリのページにコピーして貼り付けることができます。レンダリングはコントロールが行います。もちろん、実際のアプリでは、ユーザー インターフェイスが表示されるデバイスに合わせて、コントロールのスタイルを設定します。ここでの目的は、各プラットフォーム上の大部分のコントロールが似ているという事実を示すことです。アプリ内でビューのナビゲーションを管理するために使用されるコントロールには、相違点が存在します。Windows Phone 8 では、PanoramaPivot を使用して、電話のフォーム ファクターに適した豊富な表示のナビゲーションを作成します。同様に、Windows 8 では、GridView コントロールと FlipView コントロールを使用すると、アプリ内で、ストア アプリに適したデータの豊富な表示を作成できます。

次の表に、一連のコントロール、およびそれらが Windows Phone 8 または Windows 8 で使用できるかどうかを示します。相違点やその他の注意点は、注意点のセクションに記載されています。

Windows 8

Windows Phone 8

メモ

AppBar

ApplicationBar

Border

Border

Button

Button

Canvas

Canvas

CaptureElement

カメラや Web カメラのようなキャプチャー デバイスからのストリームを表示します。電話では、VideoBrush を使用し、さらに PhotoCameraCaptureSource の一方を使用します。

CheckBox

CheckBox

ComboBox

Windows Phone では、Windows Phone ToolkitListPicker コントロールを使用します。

ContentControl

ContentControl

ContentPresenter

ContentPresenter

単一のコンテンツを含むコントロールを表します。ButtonCheckBoxScrollViewer などのコントロールは、このクラスを直接的または間接的に継承します。これを使用するのは、独自のカスタム コントロールを作成する場合に限定されます。デザイン サーフェイスを使用する場合には使用しません。

DrawingSurface

3D コンテンツを構成し、レンダリングできる領域を定義します。

DrawingSurfaceBackgroundGrid

アプリの背景に Direct3D グラフィックスを描画できるコントロール。Windows 8 では SwapChainBackgroundPanel を使用します。

Ellipse

Ellipse

FlipView

一度に 1 つの項目を表示し、項目のコレクションを走査するための "反転" 動作を有効にする項目コントロールを表します。

Frame

Frame

ナビゲーションをサポートするコンテンツ コントロールを表します。Windows Phone では、このクラスは単に PhoneApplicationFrame の基本クラスです。

Grid

Grid

GridView

データ アイテムの水平グリッドを表示するコントロールを表します。

HyperlinkButton

HyperlinkButton

Image

Image

ItemsControl

ItemsControl

項目のコレクションを提示するために使用できるコントロールを表します。

ItemsPresenter

ItemsPresenter

コントロール (通常は ItemsControl) への項目の配置位置を指定します。

ListBox

ListBox

代わりに LongListSelector の使用を推奨するために、Windows Phone 8 の Visual Studio ツールボックスには ListBox が存在しません。 ただし、依然としてサポートされているため、XAML またはコードに ListBox を手動で追加できます。

ListView

データ アイテムの垂直リストを表示するコントロールを表します。電話では、LongListSelector を使用します。

LongListSelector

ユーザーがリストの特定のセクションにジャンプするためのメカニズムが含まれる、選択可能な項目のリストが表示されます。

MediaElement

MediaElement

オーディオ、ビデオまたは両方を含むオブジェクトを表します。

MultiScaleImage

ユーザーがズームやパンに対応した複数解像度のイメージを開くことができるようにします。

Panorama

左右にパンできる項目のパノラマ ビューを作成します。

PanoramaItem

Panorama コントロールの項目を表します。

PasswordBox

PasswordBox

Pivot

アプリ内でビューのナビゲーションを迅速に管理できるようにします。このコントロールをナビゲーション インターフェイスとして使用して、大きなセットにフィルターを適用したり、ビューを切り替えたりすることができます。

PivotItem

Pivot コントロールの項目のコンテナー。

Popup

Popup

ProgressBar

ProgressBar

ProgressRing

操作が進行中であることを示すコントロールを表します。一般的な外観は、進行中はリングがスピンして円を描くようなアニメーションです。

RadioButton

RadioButton

Rectangle

Rectangle

RepeatButton

RepeatButton

クリック モードが解放されるまで、その Click イベントを繰り返し発生させるコントロールを表します。電話にも存在しますが、(Primitives 名前空間内で) 基本型としてのみ使用されます。

RichEditBox

書式付きテキスト、ハイパーリンクなど、さまざまなリッチ コンテンツをサポートするリッチ テキスト コントロールを表します。

RichTextBlock

書式付きテキスト、ハイパーリンク、インライン イメージなど、さまざまなリッチ コンテンツをサポートするリッチ テキスト表示コンテナーを表します。Windows Phone では RichTextBox を使用します。

RichTextBox

書式付きテキスト、ハイパーリンク、インライン画像、その他のリッチ コンテンツを表示するリッチ テキスト コントロールを表します。Windows 8 では RichTextBlock を使用します。

RichTextBlockOverflow

リッチ テキスト表示のオーバーフロー コンテナーを表します。この要素にダイレクト コンテンツを含めることはできません。RichTextBlockOverflow の目的は、RichTextBlock または別の RichTextBlockOverflow 要素の境界に収まらないテキスト コンテンツを表示することです。

ScrollBar

ScrollBar

ScrollContentPresenter

ScrollContentPresenter

ScrollViewer コントロールのコンテンツを表示します。

ScrollViewer

ScrollViewer

SemanticZoom

セマンティック ズーム コントロール。

Slider

Slider

StackPanel

StackPanel

TextBlock

TextBlock

TextBox

TextBox

ToggleButton

ToggleButton

CheckBoxRadioButton などの、状態を切り替えることができるコントロールの基本クラス。

ToggleSwitch

2 つの状態を切り替えることができるスイッチを表します。Windows Phone では、Windows Phone Toolkit で使用できる Toggle コントロールを使用します。

ToolTip

ToolTip

コントロールの上にポインターを置くと表示される情報ウィンドウを表示します。キーボードの Tab キーを使用してコントロールに移動した場合に表示されることもあります。このコントロールは Windows Phone に存在しますが、コードから使用するためのものではありません。

UserControl

UserControl

VariableSizedWrapGrid

各タイル/セルがコンテンツに基づく可変サイズになる可能性がある、グリッド スタイルのレイアウト パネルを提供します。Windows Phone 8 では、Windows Phone Toolkit に用意されている WrapPanel の使用を検討してください。

ViewBox

ViewBox

利用できるスペースに合うように 1 つの子を引き伸ばしたり拡大縮小したりするためのコンテンツ デコレータを定義します。

VirtualizingStackPanel

VirtualizingStackPanel

WebView

アプリ内の HTML コンテンツをホストする UI 要素を提供します。

WebBrowser

HTML レンダリングおよびナビゲーション機能をアプリに埋め込むことができます。

WrapGrid

子要素を左から右または上から下に連続配置します。コンテナーの端を超えて要素を拡張するとき、要素は次の行または列に配置されます。Windows Phone 8 では、Windows Phone Toolkit に用意されている WrapPanel の使用を検討してください。

表示:
© 2015 Microsoft