情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Windows Phone の LongListSelector コントロールのデザイン ガイドライン

2013/12/05

対象: Windows Phone 8 のみ

Windows Phone 8 の新しい LongListSelector コントロールにより、アプリ ユーザーは、リスト内をスクロールして目当ての項目を探す代わりに、リスト内の一点に直接ジャンプすることが可能になります。開発者はアプリ内でこのコントロールを使用することで、大量のデータを効率的に解析できるようユーザーを支援すると共に、長いデータ リストをアプリのデザインに容易に組み入れることができます。

LongListSelector

LongListSelector コントロール

このトピックは、次のセクションで構成されています。

LongListSelector コントロールは、ListBox コントロールと同様、固定サイズのスクロール可能なリスト項目セレクターです。ユーザーは垂直方向にパンまたはフリックして、リスト内の項目をスクロールできます。リスト内の項目を選択するときは、コントロールをタップします。

リスト内をパンするとき、指の動きを止めた場所でパンは停止します。また、電話画面から指を離してもパンは停止します。リストをフリックすると、リストはスクロールし、やがて減速しながら停止します。スクロールしているときにリストをタップすると、フリック ジェスチャによるスクロールは停止します。ただし、指定されたスピードまでスクロールが減速したときにリストをタップすると、スクロール アクションが単に停止する代わりに、リスト内の項目が選択されます。

リストがスクロールしている間は、ある一定のスピードまで減速していない限り、ページを左右に回転させることはできません。

リストの最下部まで到達すると、空のセクションが表示されるまでスクロールし、反対方向へ "ラバー バンド" スクロールして所定の位置で停止します。リストの最後でフリックすると、リストは逆方向へラバー バンド スクロールします。リストの先頭に折り返されることはありません。ただし、リストの先頭に折り返す機能をアプリに取り入れたい場合は、パンを使用します。

ユーザーが選択する単語、数値、またはビジュアル要素が含まれる長いリストを表示する必要がある場合は、LongListSelector コントロールを使用して画面の領域を保持します。LongListSelector コントロールにより、ユーザーは目当てのリスト項目を効率良く選択し、その項目まで "ジャンプ" できます。

ユーザーが項目を選択するリストに 8 個以上の項目がある場合は、LongListSelector コントロールを使用します。リストの項目が 4 個以下の場合は、LongListSelector コントロールの代わりに、グループ化した RadioButton コントロールを使用します。

LongListSelector コントロールでは、項目のリストが縦に整理されます。特に項目がグラフィックスや写真である場合など、リスト項目を横に表示したい場合は、代わりに ScrollViewer コントロールを使用することを検討します。

アプリ内で長いリストのナビゲーションをセットアップするには 2 つのオプションがあります。

  • アルファベット リスト。リストする項目のない文字は淡色表示されます。

  • グループ ヘッダー。 ユーザーがグループ ヘッダーをタップすると、クイック ジャンプ リストがアクティブになります。この機能が動作するためには、アプリがグループ ヘッダーのリストを持っていなければなりません。長いリストのナビゲーションで表示するカテゴリにグループ分けされるように、アプリのデータ ソースを構成する必要があります。アプリ内でグループ ヘッダーを使用して、あるセクションが空である場合、そのセクションは淡色表示されます。

LongListSelector_GroupHeader

グループ ヘッダーによるナビゲーション: 1) 長いリストのナビゲーションが有効になっているリストのグループ ヘッダーをタップします。2) クイック ジャンプ リストが表示されます。3) 選択したグループの先頭にジャンプします。4) グループ ヘッダーに基づく長いリストのナビゲーションによってヘッダー リストが提供されます。

LongListSelector コントロールを使用すると、明確かつアクティブな方法で長いオプション リストを表示できますが、リストが長くなりすぎる可能性があることに注意してください。リストの項目が数十を超える場合はテーブル ビューを使用することを検討します。また、次の点も忘れないでください。

  • 強調 sans-serif フォントを使用し、リスト項目のテキストの高さは 12 ピクセル以上にします。また、どの角度およびサイズでも必ず判読できなければなりません。

  • タッチのフィードバックまたは選択された状態を使用するシナリオに対して、照明、効果、アニメーション、またはその他の装飾を予約します。LongListSelector コントロールの項目については、ユーザーがその項目をタッチしたときに視覚的に強く反応する必要があります。

表示: