Workflow Manager 1.0 ベスト プラクティス アナライザーの使用

 

このドキュメントでは、概要情報、システム要件、BPA スキャンの実行方法、BPA の結果の表示方法など、Workflow Manager 1.0 ベスト プラクティス アナライザー (BPA) について説明します。

Workflow Manager 1.0 BPA は、Microsoft Baseline Configuration Analyzer (MBCA) 2.0 テクノロジを基にして構築された診断ツールです。Microsoft Workflow Manager 1.0 BPA は、Workflow Manager 1.0 を実行しているコンピューターをスキャンし、既存のサーバー設定とあらかじめ定義された推奨されるベスト プラクティスのセットを比較します。スキャンを実行した後で、MBCA ユーザー インターフェイスの [レポートの表示] ページで結果が報告されます。

Workflow Manager 1.0 BPA は、次のタスクを実行します。

  • Workflow Manager 1.0 ソフトウェアを実行しているコンピューターに関する情報を収集します。

  • サーバーの設定が、Microsoft が推奨するベスト プラクティスのセットに準拠しているかどうかを判断します。

  • スキャン結果のレポートを提供し、推奨されるベスト プラクティスとの相違点を明確にします。

  • サーバーの問題の原因になる可能性がある状況を特定します。

  • 潜在的な問題に対する解決策を推奨します。

  • Microsoft Baseline Configuration Analyzer 2.0 (MBCA 2.0) が、サーバーおよび BPA スキャンを開始するすべてのコンピューターにインストールされている必要があります。

  • Microsoft Workflow Manager 1.0 が、サーバーにインストールされている必要があります。

  • Microsoft Workflow Manager 1.0 BPA が、サーバーにインストールされている必要があります。

「システム要件」に記載された要件を満たしていることを確認してください。

  1. Microsoft Baseline Configuration Analyzer 2.0 を起動します。

  2. [ホーム] タブで、ドロップダウン リストから [Workflow Manager] を選択します。

  3. [スキャンの開始] をクリックします。

[結果] レポートは、次のいずれかのページ タブにスキャンした項目を分類して表示します。

  • 非準拠:Microsoft Windows SBS 2011 BPA スキャンによって生成されたエラーまたは警告を一覧表示します。

  • すべて:すべてのエラー、警告、および準拠を一覧表示します。

[非準拠] に分類される項目には、次の追加の情報が含まれます。

  • カテゴリ:規則のカテゴリを識別します。規則のカテゴリには、セキュリティ、パフォーマンス、操作、ポリシー、構成、展開前、前提条件が含まれます。

  • 問題:症状の詳細説明を表示します。

  • 影響: このベスト プラクティスを満たさないことの影響を表示します。

  • 解決策: 問題を解決するために実行できる推奨されるアクションを提供します。

コミュニティの追加

追加
表示: