エクスポート (0) 印刷
すべて展開

レコードの削除操作

更新日: 2012年9月

テーブルからアイテムを削除します。

要求は、次のように指定できます。<service_name> をモバイル サービスの名前で、<table_name> をアクセスするテーブルの名前で、<item_id> を削除するアイテムの ID でそれぞれ置き換えます。

 

HTTP 動詞 要求の URI HTTP のバージョン

DELETE

https://<service_name>.azure-mobile.net/tables/<table_name>/<item_id>

HTTP/1.1

 

URI パラメーター 必須項目 説明

noscript

×

true is supplied, the execution of registered scripts is suppressed.スクリプトの実行を中止するには、X-ZUMO-MASTER ヘッダーのサービス マスター キーも指定する必要があります。

要求ヘッダーの説明を次の表に示します。

 

要求ヘッダー 必須項目  

X-ZUMO-APPLICATION

条件

モバイル サービスのアプリケーション キー。テーブル操作へのアクセスに必要な場合は、有効なアプリケーション キーを指定する必要があります。これは既定のテーブル操作のアクセス権です。

X-ZUMO-AUTH

条件

認証されたユーザーのためのサービス生成された認証トークン。テーブル操作へのアクセスが必要な場合は、認証されたユーザーのためのトークンを指定する必要があります。

X-ZUMO-MASTER

条件

サービス マスター キー。テーブル操作へのアクセスに管理者アクセスが必要な場合は、このキーのみを含める必要があります。

securityセキュリティ メモ
サービス マスター キーは、データ サービスへの管理者アクセスを提供する重要なセキュリティ資格情報です。この情報を他のユーザーと共有したり、アプリと共に配布したりしないでください。このキーは常に、暗号化チャネルに安全に配布する必要があります。

なし。

応答には HTTP ステータス コードと一連の応答ヘッダーが含まれます。

操作が正常に終了すると、ステータス コード 204 (No Content) が返されます。

この操作の応答には次のヘッダーが含まれます。応答に追加の標準 HTTP ヘッダーが含まれる場合もあります。すべての標準ヘッダーは HTTP/1.1 プロトコル仕様に準拠しています。

 

応答ヘッダー 説明

Content-Type

application/json.

x-zumo-version

どのランタイム バージョンで要求が実行されたかを示します。

なし。

承認はテーブル操作のアクセス許可要求によって異なり、まとめると次のようになります。

 

テーブル操作のアクセス権限 必須の承認ヘッダー

すべてのユーザー

None

アプリケーション キーを持つユーザー

X-ZUMO-APPLICATION

認証されたユーザーのみ

X-ZUMO-AUTH

スクリプトと管理者のみ

X-ZUMO-MASTER

個々のテーブル操作に対するアクセス権限は、Windows Azure 管理ポータルで設定されます。詳細については、「権限」を参照してください。

次の例の URI では、TodoItem テーブルから既存のアイテムを削除します。

DELETE https://todolist.azure-mobile.net/tables/TodoItem/18

要求は次のヘッダーと共に送信されます。

X-ZUMO-APPLICATION: UzMAOXRlJdZyqibeUqCMoZZMrUXIRs92
Host: todolist.azure-mobile.net

要求が送信された後、次の応答が返されます。

HTTP/1.1 204 No Content
Content-Type: application/json
x-zumo-version: Zumo.Main.0.1.6.527.Runtime
Date: Thu, 20 Sep 2012 16:05:50 GMT

表示:
© 2015 Microsoft