クライアント主導型ログイン操作
目次を折りたたむ
目次を展開する
この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

クライアント主導型ログイン操作

 

認証トークンを要求 Microsoft Azure モバイル サービス 、id を使用してトークンが取得済みの id プロバイダーからです。 返されたトークンは、モバイル サービスに対してその後の認証された要求を実行するために使用されます。 トークンを提示 モバイル サービス に依存しないクライアント認証を取得する必要がありますの モバイル サービス, 、SDK、Facebook SDK for iOS などのプロバイダーを使用して通常します。 アプリで、シングル サインオンを有効にするか追加のユーザー情報を取得するために、プロバイダー SDK を使用して ID トークンを取得するときは、クライアントが開始した認証を使用します。 代わりに使用できますが、アプリが id プロバイダーと直接対話する必要がある場合、 サービス主導型ログイン操作です。 一般的な情報は、を参照してください Google、Microsoft、Facebook Sdk は、Azure のモバイル サービスを使用してログ記録

要求は、次のように指定できます。 置き換える <service_name> をモバイル サービスの名前と <provider> id プロバイダーとします。

HTTP 動詞

要求 URI

HTTP バージョン

POST

https://<service_name>.azure-mobile.net/login/<provider>

HTTP/1.1

認証に使用する ID プロバイダーは、次のいずれかの値です。

プロバイダーの値

description

JavaScript バックエンド サポート

.Net バックエンド サポート

facebook

Facebook から取得したトークンを示してログインします。

はい

はい

google

Google から取得したトークンを示してログインします。

はい

はい

microsoftaccount

Live Connect から取得したトークンを示してログインします。

はい

はい

twitter

Twitter から取得したトークンを示してログインします。

不可

不可

windowsazureactivedirectory

Azure Active Directory から取得したトークンを示してログインします。

不可

はい

System_CAPS_noteメモ

まず、モバイル サービスで認証に使用する ID プロバイダーを構成する必要があります。 詳細については、次を参照してください。 id 構成です。

ありません。

要求ヘッダーの説明を次の表に示します。

要求ヘッダー

必須項目です。

Accept

不可

このヘッダーを設定 application/jsonです。

Content-Length

はい

要求本文の長さ。

Content-Type

不可

このヘッダーを設定 application/jsonです。

要求の本文には、JavaScript Object Notation (JSON) で表現された単一のオブジェクトが含まれています。 オブジェクトには、ID プロバイダーごとに異なる単一のフィールドが含まれます。

provider

JSON オブジェクト

Microsoft アカウント

{ "authenticationToken" : "<authentication_token_value>" }

Facebook

Google

Azure Active Directory

{ "access_token" : "<access_token_value>" }

応答には、HTTP 状態コード、一連の応答ヘッダー、および応答本文が含まれています。

操作が正常に終了すると、ステータス コード 200 (OK) が返されます。

この操作の応答には、次のヘッダーが含まれています。 追加の標準 HTTP ヘッダーが応答に含まれていることもあります。 すべての標準ヘッダーに準拠している、 http/1.1 プロトコル仕様です。

応答ヘッダー

description

Content-Length

応答本文の長さです。

Content-Type

ヘッダーに設定 application/jsonです。

x-zumo-version

どのランタイム バージョンで要求が実行されたかを示します。

要求本文には、2 つのプロパティを持つ 1 つの JSON オブジェクトが含まれます。 次の表は、応答本文の JSON オブジェクトのプロパティを示しています。

プロパティ名

description

user

含む JSON オブジェクト、 userId によって割り当てられる値 モバイル サービス 認証済みユーザーにします。

authenticationToken

A JSON web トークン (JWT)、これは、認証によって返されるトークン モバイル サービス 正の認証に基づいています。 このトークンは、モバイル サービスに対するその後の認証された要求で示され、有効期限が切れるまでキャッシュできます。

Microsoft アカウント トークンを使用する要求に対する応答には、次の JSON ペイロードが含まれています。

{ "user": { "userId" : "MicrosoftAccount: <user_id>" }, "authenticationToken" : "<jwt_token>" }

表示:
© 2016 Microsoft