認証要求
目次を折りたたむ
目次を展開する
この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

モバイル サービス要求の認証

 

Microsoft Azure モバイル サービス REST Api を使用して、認証されたユーザーのサービス固有のトークンを要求するクライアントを有効にします。 返されたトークンを使用して、モバイル サービスに対する後続の認証された要求をします。

REST API には、次の認証操作が含まれています。

操作

description

サービス主導型ログイン操作

要求 モバイル サービス 特定の id プロバイダーを使用して認証を開始します。 返されたトークンを使用して、モバイル サービスに対する後続の認証された要求をします。 サービス主導型ログインを使用する場合 モバイル サービス 、クライアントにログインできるようにする OAuth フローを開始する モバイル サービス 要求された id プロバイダーを使用しています。

クライアント主導型ログイン操作

認証トークンを要求 モバイル サービス id を使用してトークン既に、id プロバイダーから取得します。 トークンが提示する モバイル サービス に依存しないクライアントによって認証を取得する必要があります モバイル サービス, 、プロバイダー、Facebook SDK for iOS など、SDK を使用した通常です。 アプリにシングル サインオンを有効にする、プロバイダー SDK を使用して追加のユーザー情報を取得したり、id トークンを取得する場合は、クライアントが開始した認証を使用します。

表示:
© 2016 Microsoft